3ピースで人気の、使いやすい電子タバコ

電子タバコには、2ピースのものや3ピースの物があります。
ピースというのは、分解するパーツの数のことで、以下の画像のように、電子タバコの構造によっていくつかのタイプに分けることができるのです。

参照:サンスモ「電子タバコとはなんですか?」

パーツの数が多いほど、交換する部品が多くなるわけですので、メンテナンス性には優れています。

しかし、だからと言って3ピースの物の方が良いというわけではありません。
3ピースのなら、アトマイザとカートリッジをそれぞれ交換できるので、いろんなリキッドを使う場合、カートリッジだけを交換すれば良いと思うかもしれません。

しかし、実際にはアトマイザーにもリキッドが染み込んでしまいます。カートリッジに他のフレーバーのリキッドを取り付けた場合、最初は二つの味が混ざってしまうので、しっかりフレーバーを楽しみたいという人は、アトマイザーも頻繁に交換(または洗浄)しなければいけません。

結局2ピースでも3ピースでも、パーツはある程度使ったら、バッテリーも含めて磨耗しますので、いずれは交換しなければいけません。

3ピースで人気の電子タバコ

やはり、今販売されている3ピースの電子タバコで人気の物を見てみると、交換パーツが安くて、豊富に販売されている物がほとんどです。
電子タバコは、交換パーツが無ければ長く使えない物ですので、交換パーツが沢山販売されているかどうかはとても重要になるのです。

個人的には、老舗で知名度の高い、Joyetech社の電子タバコは、パーツの流通量、品質が高くておすすめです。
最近発売された、Joyetechの新製品、「eCom」もアトマイザーがこれまでの物と全く違い、電子タバコの中では進化しているタイプの物です。

joyetech_ecom

 

Joyetech_ecom

アトマイザー自体の性能もかなり進化しており、小型で煙の量が多く、交換パーツ自体も安価です。
また、Joyetechの良いところは、電子タバコのスタンダードなメーカーだけに、パーツがしっかりと流通しているということです。

3ピースでそれなりに煙の量が出るものを探している方は、JoyetechのeComはかなりおすすめです。
これまでの電子タバコに比べて、メンテナンスがしやすく、安全に配慮された設計ですので、安心して長く使えると思います。

yajirusi

 

 

rink_to_care

このページの先頭へ