VAPEの価格の違い – 高ければ良いは間違い?

VAPE(ベイプ)製品は趣味性の強い電子タバコです。
その為、低価格な製品もあれば、やたらと高価な価格の製品も販売されています。

例えば、以下の木製パイプ型の電子タバコは、それなりに高額なVAPEです。

iPIPEⅡ

高額とは言え、スターターキットで、必要なパーツなどが一通り全て揃って、1万円前後の価格だったと思うので、それでこのクオリティなら全く損した気分にはならないと思います。
煙の量もしっかりと出ますし、VAPEとして問題なく使用できるわけです。
後は見た目や質感の好き嫌いの問題なのだと思います。

 

参考記事:木目パイプの電子タバコ – ウッド調がオシャレすぎ!

 

他にも、INNOKINから発売されている、手榴弾型の電子タバコなども、かなりのクオリティです。
見た目は手榴弾のようですが、煙の量はさすがINNOKIN社製というだけあって、かなりの量が出るようです。

INNOKIN_coolfireⅡ

こちらも、スターターキットキットで1万円前後くらいだったと思いますが、このクオリティで爆煙仕様なら特に不満はないと思います。

 

参考記事:INNOKIN COOL FIRE Ⅱ – 手榴弾みたいな電子タバコ!?

 

ここまで、ちょっと高額なVAPE製品を紹介してきました。初めてに説明したように、高額なVAPE製品もあれば、手頃な価格で購入できるVAPE(ベイプ)製品も沢山あります。
以下は、個人的におすすめな、手頃な価格のVAPE製品です。

Frinbr(フレンバー)という日本のブランドが販売している電子タバコですが、見た目がごつくないですし、ラインナップが豊富で選びやすいです。

Frienbr_eGo-C

フレンバーのコンプリートキット一覧

フレンバーの製品は、いかにもVAPEらしいオーソドックスな形状をしています。
価格も、必要なパーツが一式揃ったコンプリートキットで、5,000円程度から購入できます。

何よりも、アトマイザーやバッテリーなど、消耗品の規格が統一されているので、必要なパーツを後から購入する時には分かりやすくて便利です。
初めてVAPEにチャレンジする、という方にはとてもおすすめです。

rink_to_care

このページの先頭へ