売れ筋の電子タバコを徹底調査!2014話題のVAPE

2014年は、これまで以上に電子タバコ(VAPE)が話題になった年でした。

もちろん、新商品や、新しい技術を備えた電子タバコがたくさん登場したことは、電子タバコ業界に新しい風を巻き起こしました。
ですが、ブームと共に電子タバコの危険性も明らかになり、改めてVAPEの安全性にも注目が集まりました。

海外では、続々と健康被害に対する規制が強まっていますよね。。
日本は、欧米やヨーロッパに比べれば、VAPEブームは後発でしたから、ここら辺はこれからどんどん整備されるようになると思います。

色んな電子タバコが販売されていますが、結局、最後に残るのは安全な製品なのかもしれませんね。

2014年 売れ筋となったVAPE製品

さて、2014年に圧倒的に、というか爆発的に売れた商品と言えば、やはりKamry X6ですね!
クラブシーンやベイプバーといったサブカル的な要素に、X6のようなちょっと機械的な無骨なデザインは映えますよね。
海外のクラブシーンから輸入されたVapeは、当初以下の動画みたいにファッションを意識した層に火が点いて売れていましたね。

オシャレです。。
このイメージだとKamry X6がバンバン売れた理由も分かりますね。
当時は売れに売れまくって、どこに行ってもX6が品薄でしたからね、、

Kamry_X6

Kamry_X6
最近はだいぶ品薄が解消され、Kamryの正規品も手に入れやすくなりました!!

yajirusi

 

海外では引き続きeGoが売れ筋?

私は海外には行きませんが、海外ではX6のタイプの形より、eGoと呼ばれる、もう少しシンプルで小柄な電子タバコの形をトレンドな気がします(Youtubeとか色々見てると)。
日本の場合、icevape X6という商品が一時期大流行しました。その影響で、それからX6の形が一気に広がって人気が爆発したような気がします。
結局、色んな書き込みを見てると、icevape X6はKamry X6を、日本の輸入雑貨屋さんが独自ブランドとして売り出した製品みたいですね。

私は最近eGoの形状の電子タバコを愛用しています。eGoの形だと、以下のFrienbr(フレンバー)がおすすめです。
日本の会社で、ちゃんとしたホームページがあると、なんか安心して購入しやすいですよね。。

Frienbr_eGo-C

yajirusi

 

写真は私が使っているFrienbr(フレンバー)のeGo-Cですが、見てのとおりバッテリー部分がかなり大きい(1300mAh)です。
初めて購入される方は、もっと小さめのサイズの物(900mAhか1100mAh)でもいいかなと思います。ちなみに、数字はバッテリーの容量を指しています。
1300mAhだと、文字通り爆煙です。めっちゃ煙がでますから、煙の量を楽しみたい人には嬉しいでしょうね。

rink_to_care

このページの先頭へ