「タエコ(taeco)」よりも禁煙におすすめの電子タバコ

もう5〜6年も前の話になりますが、NHKで紹介されたことによって、禁煙に便利と話題になった電子タバコがあります。
それが、「タエコ(taeco)」と呼ばれる電子タバコです。

taeco

この当時、日本ではまだVAPE(ベイプ)と呼ばれる煙の量が多い電子タバコはほとんど販売されていませんでした。そこで、このタエコ(taeco)は、テレビで紹介された効果もあり、一躍人気の商品となったのです。

タエコよりも禁煙におすすめの電子タバコはある?

タエコ(taeco)は、年々商品の改良がされ、今では上の写真のように見た目の質感も高いものが販売されているようです。本体の仕組みは通常のVAPE(ベイプ)製品となんら変わりません。煙の量もしっかりとしています。

ただ、それでも最近の電子タバコ製品は、もの凄いスピードで進化しています。数年前なら1万円近くしたような、高い性能の電子タバコが、比較的安く販売されているのが実際のところです。

4,000円でも購入できる?!濃い電子タバコ

このブログでもいくつか紹介しているように、最近では煙の量が濃くて多い、禁煙にもってこいの高性能な電子タバコが、4,000円〜という安さで販売されるようになりました。ちょっと前までは、「そんなに安くて、品質は大丈夫?」という心配がありました。しかし、最近の電子タバコは価格の割に非常に高性能です。

Frienbr_eGo-C

フレンバー オンラインショップ

上の写真は、私が使っている日本のブランド、フレンバー(Frienbr)の電子タバコです。写真はフレンバーの中でも、一番大きなサイズのものです。一回り小さなサイズのものになると5,000円程度でスタートキットが購入できます。

また、昨年は人気商品で購入することができなかった、Kamry X6などの人気製品も、最近では値下がりして正規品が4,000円程度で販売されています。

Kamry_X6

Kamry X6 正規取扱店

これらの電子タバコは、煙の量も多く、しっかりしたブランドの製品のため、製品自体の品質も良くおすすめできるものです。電子タバコを禁煙に使用するのなら、煙の量が多い方が喉への刺激が強く、本物の煙に近い感触を得ることができます。

上記のブランド以外にも、小型で持ち歩きやすい物。形にこだわったものなど、様々な電子タバコが販売されています。以下の記事では、人気の電子タバコをランキングにまとめています。

電子タバコのおすすめ – 人気ランキング

電子タバコは「粗悪品」にも要注意

価格が安くなったとは言え、電子タバコの粗悪品には注意が必要です。特に、全く無名のメーカーや製造元が不明のメーカーなど、例え価格が安くても、不具合が多ければ結局長く使う事ができなくなってしまいます。
聞いたことのないメーカーや、ネットで評判の悪い製品などは、なるべく購入しないようにしましょう。

rink_to_care

このページの先頭へ