「リアルな電子タバコ」が人気!

人気の上昇に伴って、形状やサイズも豊富に揃ってきた「電子タバコ(VAPE – ベイプ)」ですが、とてもリアルに作られた製品も沢山存在します。
例えば、以前にも何度か紹介しましたが、以下の【IPIPE II】などは、本物のパイプと間違えてしまうほど精巧に作られています。

iPIPEⅡ

この他にも、葉巻型の電子タバコや、キセル型の電子タバコなど、形にこだわった電子タバコは沢山存在します。
ただ、こうした見かけの面白さ、精巧さもさることながら、電子タバコのリアルさを演出するのは、やはり煙の量や多さ、濃さです。

濃い煙がモワモワと吐き出されている姿は、電子タバコとしてのリアルさを強烈に放ちます。

煙の量や濃さは、見た目のリアルさだけでなく、ベイプを吸った時の満足感にも直結します。
濃い煙は、喉を通過する時にまるで本物のタバコを吸っているかのような刺激を与えてくれます。

 

参考記事:VAPEで濃い煙を出す為に気をるけること

 

上記の記事にも書いていますが、濃い煙を発生させるためには、電子タバコ本体だけでなく、リキッドの質にも注意したいところです。

本物のタバコよりもハマる?

私の場合、本物のタバコをやめて、1年ほど電子タバコ(VAPE)を吸い続けています。
正直、本物のタバコよりもよっぽどハマってしまう要素があります。というより、気楽に吸えるという点でも、本物のタバコよりも便利です。

  • 家の中で吸っても、匂いが染み付かない。
  • 副流煙を気にしすぎなくて良い。
  • 風が吹いても気にしなくてよい(灰が飛ばない)。
  • 灰皿やライターを用意する必要がない。

電子タバコに、本物のタバコと同じようなリアルさを追い求めるのも良いと思いますが、全く新しい道具として電子タバコを使ってみると、これまで得られなかった、新しい楽しさが得られるかもしれません。

例えば、VAPEのリキッドには信じられないくらい無数の種類の物が存在します。

 

参考記事:リキッドの種類はこんなに豊富!どれが美味しい?

 

これらのリキッドの中から、自分にピッタリと合うものを探すのはとても大変ですが、自分に合うものを発見できるととても高い満足感を得られる事ができます。
これから電子タバコを購入しようとしている方は、是非リキッドの選定にも力を入れてみてください。

 

rink_to_care

このページの先頭へ