高電圧で爆煙なMOD – Kamry K100

最近はもう見慣れた方の方が多いでしょうが、電子タバコに機能性や拡張性、大容量や高電圧を求めていくと、MODと呼ばれる電子タバコに行き着きます。
MODというのは、Modify(改造/修正などの意)の略で、カスタマイズされた電子タバコというニュアンスを含んでいます。

MODを使用するメリットは、なんと言っても電池の持ちをあまり気にしなくていいこと。
それから、煙の量が非常に多く、いわゆる「爆煙」を体験できることができるということでしょう。

安価で手に入れやすくなったMDO

元々、MODなどの電子タバコは、海外で作られているものがほとんどです。MODも数年前までは一部電子タバコマニアの、「マニアックな製品」でした。ただ、最近ではそうでもないようです。
以下は、電子タバコ製品としては大手の、Kamry社から販売されているMOD K100です。

Kamry_K100

テレスコピック型と呼ばれ、本体の電池格納部分は上下に可動できます
これにより、格納できる電池のサイズは長いものと短いもの、2種類を選択できるようになっています。
そのため、電池容量は1800mAhから2500mAhのものが使用でき、電圧も3.7Vで、通常の電子タバコに比べたらかなりの高電圧です。

MODのデメリット

良いことばかりに聞こえるMODですが、もちろんデメリットもあります。
大きく分けると、メンテナンスと見た目、という事になるでしょうか。。

まずメンテナンス性ですが、MODの場合、当然バッテリー部分やアトマイザー部分など、自身で取り外したり取り付けたりします。
見ての通りメカニカルな製品ですし、バッテリー部分は爆煙で長時間持つ分大容量です。

基本的にはそこまで難しいものではありませんが、ショートなどを起こさないように気をつけて取り扱う必要は出てきます。
基本的な事はすぐに覚えるはずですが、電子タバコに関する知識が全く無い状態や、自信の無い方にはおすすめできません。

また、この見た目は良し悪しです。。

私の場合、むしろ未来的でかっこ良いと思うのですが、一般的なタバコのイメージからはかけ離れ過ぎてしまっていますよね。。
クラブやベイプバーなどでは、かなりカッコ良く見えるのですが、一歩街に出て歩道で座り混んで吸おうものなら、かなり引かれます。
煙の量も非常に濃くて量が多いわけですから、吸う場所を間違えてしまうと、何か怪しい事をしていると思われても仕方ないと思います。

外で普段から吸うのなら、一般的な小さめなサイズの電子タバコの方が人目を気にしなくて済むので、やはりおすすめです。

ただし、自宅やクラブで使用するなら間違い無くMODがおすすめです。
煙の量が多い分、喉を通る煙の感触が本物の煙草にとても近いものがありますし、作りも堅牢なので、基本的には摩耗した部品を交換していけば長く愛用できます。

Kamry_K100

ただし、残念ながらこの製品、かなり人気のため、売り切れのことがほとんどなようです。。
MOD Kamry K100の詳細は、以下を参考にしてみてください。

yajirusi

 

rink_to_care

このページの先頭へ