電子タバコ(VAPE)で本当に満足できる?喫煙者の感想

電子タバコを吸っていると公言すると、必ず聞かれるのが

「それで本当に禁煙できるの?」
「電子タバコで満足できる?」

と言った疑問です。
未だに、電子タバコと言うと「禁煙」や「喫煙の代用品」というイメージから離れられないようです。
これは当然と言えば当然のことなのでしょうが、最近話題になっているVAPE(ベイプ)製品というのは、禁煙の道具とはちょっと違うような気もします。。

電子タバコで満足できる

ただ、VAPEで、喫煙した時のような満足感を得られるかと聞かれれば、間違いなく「満足できます」と答えられますし、今喫煙をしていて、減煙させようと考えているのなら、VAPEはかなりおすすめできるものです。

喫煙者がVAPEに満足できる理由

私の場合、喫煙からVAPEに移行できた理由や、VAPEに満足できた理由は色々ありますが、中でもかなり大きな要因は、以下のような理由です。

  • 煙の量が多く、喉を通る煙の感覚など、本物の喫煙と変わらない。
  • 火を使わない、匂いを気にしなくて良いなど、本物のタバコよりも気楽に使える。
  • 喫煙したくなった時にタバコの代わりに吸うと、十分に満足感が得られる。

人によっては、ニコチン入りのリキッドを吸わないと満足感が得られないという方も居るようです。
日本ではニコチン入りのリキッドは販売されていませんが、インターネットの個人輸入などの手段によって、手軽に入手することができます。

ただ、私の場合は、ニコチン入りのリキッドは必要ないみたいです。
これは、人によるのかもしれませんが、通常日本国内で販売されている、タバコフレーバーのリキッドや、メントールのリキッドでも、充分に喉越しや満足感を得られてしまいます。

タバコが吸いたくなった瞬間に、VAPEの濃い煙を吸うと、それ以上タバコを吸いたいと思うことがなくなってしまいます。

ただし、やはり煙の量が多くて、濃い煙の電子タバコでなければ、吸った際の満足感は得られにくいと思います。
なるべく電圧が高く、煙の量が多い電子タバコを選ぶことも、満足感を得られる要因の一つになると思います。


参考記事:電子タバコ – おすすめメーカーと言えばずばり?!

また、もちろん電子タバコに使用するリキッドは、煙の量や風味を決定づける最も重要な物の一つです。
こちらも、星の数ほどあるフレーバーの中から、自分にあった最良な物を選ぶ必要があると思います。

rink_to_care

このページの先頭へ