濃い煙が楽しめる、電子タバコ「フレンバー」をレビュー

電子タバコを使い始めて、早1年が過ぎようとしています。タバコを吸わなくなったせいか、やたらと体調が良く、朝の起床時間が早くなり、快適な朝活ができるようになった事が私にとっては一番の喜びです。。

禁煙をお考えの人にとって、電子タバコは気になる存在ではないでしょうか?
特に、フレンバー(Frienbr)の新作はデザイン的にも気になりますよね。

フレンバー(Frienbr)のレビュー

フレンバー

私の場合、電子タバコは5本持っていますが、一番使用しているのはフレンバー(Frienbr)の新作です。

新作を購入するまでは、1,300mAh グランデと呼ばれる製品をよく使っていました。大きさが分かりやすいように、iPhone5sと比べた写真が以下です。(※この商品は現在、販売されていません)

フレンバー_Frienbr_電子タバコ_VAPE

1,300mAhというのは、バッテリーの容量の事を指しているのですが、見ての通り結構大きいのです。実は、数ヶ月この製品を使用してみて、今だから感じることなのですが、「一番大きい製品ではなくても良かったかもしれない..」という事です。
もちろん、バッテリーが大きい方が充電回数も少なくて済みます。一度フル充電しておけば、私の場合数日間充電し直さなくても持つほどです。

ただ、バッテリー部分が大きいと、それなりの重量感があります。持ち歩く際にもちょっと不便というのもありますし、外出先で吸うには目立ちすぎるかな、という気もします。
私の場合、メインは自宅で吸う事が多いのですが、それでも一回り小さなサイズでも充分満足できそうです。見栄を張って一番大きいサイズのフレンバーを買った自分が悔やまれます。

「もう一回り小さいフレンバーでも良かったな..」

というのが、私の今の正直な気持ちです。

新作は軽量化されている!

frienbr_color

新作は、バッテリーの容量が650mAhと小型軽量化されています。
ですから、吸い疲れしなくなりました。
また、持ち運ぶ際に不便を感じませんし、外出先でも目立たないので、気兼ねなく吸えます。
充電がすぐ切れるのでは?と心配でしたが、今のところ、2日に1回のペースです。

デザインもさらにスタイリッシュになっています。すらっとしていて女性も喜びそうなデザインですよね。
また、カラーも6色販売されています。前作よりも、抑えめな色使いです。

コンプリートセットがおすすめ

フレンバー

電子タバコデビューの方には、上記の写真のコンプリートセット(¥4,980)がおすすめです。

コンプリートセット

  • バッテリー
  • アドマイザー(リキッドを入れるところ)
  • ドリップチップ(吸い口)
  • 充電器
  • 予備のコイル(アドマイザーの中の消耗品)
  • 専用ケース
部品をバラバラに買うよりも、大幅にお得なセットになっています。

また、バッテリーやアトマイザーなどの部品は、後から付け替える事ができます。着せ替え感覚で、サイズと色違いのパーツをいくつか持っていると良いかも、と考え中です。

煙の量や風味は大満足!

フレンバーを実際に、使用してみた感想ですが、煙の量や喉を通る感覚は、本当にリアルで大満足です。ただ、人前や部屋の中では煙の量を減らしたいと思うこともありました。
嬉しいことに、新作には煙の量をコントロールする機能が付いています。

煙(ミスト)の量をコントロールできる!

ミストの量をコントロールする方法は2つです。

      1. アドマイザーについたエアコントロールで空気の量を調節
      2. 電圧のレベルを変えて蒸気の量をコントロール
この2つの機能で、ミストの量を自由自在に操れます。

フレンバーの真ん中あたりにボタンがあります。このちょっと上、アドマイザーとバッテリーの接続部分にエアコントロールがついています。
ここに通気口のような窓があります。これをくるくる回して、開け閉めすることで、空気の量を調節できます。

frienbr-4

また、電圧は真ん中のボタンで調節が可能です。

frienbr-1

このボタンを連続3回押すだけです。緑→青→赤の順に電圧が高まります。
私の場合は、濃い煙を楽しみたいので、窓を閉めて赤にしています。

煙の量は多いの?

フレンバー(Frienbr)の新作は先述のように軽量化されています。ですから、煙の量が少ないのでは?と心配しておりましたが。

ご覧のようにリアルなタバコのような煙を楽しめます。

フレンバー(Frienbr)は禁煙にぴったり?!

禁煙の時に、まず気になるのが「口さみしさ」ではないでしょうか?フレンバー(Frienbr)のこの煙の量なら、口さみしく感じません。

また、吸った時の満足感もあります。ですから、リアルタバコの本数はすぐに減るでしょう。
フレンバーをしばらく吸った後は、リアルタバコがまずく感じます。

私は、フレンバーとリアルタバコを併用して、禁煙に成功しました。

ドリップチップにはこだわるべき?!

フレンバーの新作と旧作の写真のドリップチップ(吸う時に、口をつけるところ)を見比べてください。旧作についているドリップチップのほうが、くびれがあって吸いやすそうな感じがしませんか?
私個人の感想ですが、ここに関しては旧作のほうが吸いやすいです。唇に程よく、マッチするのです。
また、プラスチックよりもステンレスのドリップチップのほうが口当たりが良いです。

人それぞれだと思いますので、全く気にならない方もいらっしゃるでしょう。でも、気になるという方は、ドリップチップだけ交換すると良いかもしれません。

driptip

お手入れは大変?

長く使っていると何かしら不具合があるのかと思っていましたが、今のところ故障や不具合は全くありません。
ただ、長く使いたいので、何度かアトマイザーを水洗いしています。水洗いすると、やはり煙の量や質が良くなる気がします。

アトマイザーの洗浄は、最初は慣れないかもしれませんが、一度やってみると全然難しくありません。フレンバーを長く使いたいという方は、定期的に行ってみることをおすすめします。

また、洗浄しても味が良くない、煙が少ないという場合は、コイルを取り替えると治ります。(下の写真、上部)

frienbr-7

色んなリキッドを試しています

電子タバコを使っていると、色んなリキッドを試してみたくなります。フレンバーショップでは、かなりの種類のリキッドが販売されていますが、選ぶリキッドによって楽しみが全く変わってしまいます。

フレンバーのリキッドについても、過去にいくつかの商品をレビューしていますので、リキッド選びに迷っている方は参考にしてみてください。

フレンバー(Frienbr)を楽しむ人が増えている?!

楽しむ人が増えていますね。また、非喫煙者の中にも興味を持つ人が増えつつあるようです。

非喫煙者に取ってはタバコは臭いものです。ですから、タバコを吸うと嫌がられてしまいますよね、、臭いからやめてと言われたことはありませんか?
でも、いい香りのするフレンバー(Frienbr)なら、服や髪も臭くなりにくいです。むしろ、リキッドによっては良い香りを感じることもあります。

フレンバー(Frienbr)まとめ

フレンバー(Frienbr)の特徴

  • 煙は多め
  • スタイリッシュなデザイン
  • アドマイザーを変えられる
  • 禁煙におすすめ
  • たくさんの種類のリキッドがある
もし、あなたが禁煙目的でフレンバー(Frienbr)の購入をお考えであれば、リキッド選びが重要です。私の場合は、自分好みのリキッドを見つけてから禁煙が楽になりました。

リキッドがたくさんあって決められないよという方は、お試しセットが良いかもしれません。
通常、リキッドは1つ1580円(税別)です。2つを別々に買うと、3160円(税別)ですが、お試しセットは2560円(税別)とお得になっています。

rink_to_care

このページの先頭へ