今や常識?!禁煙グッズのおすすめは「電子タバコ」

一昔前まで、禁煙グッズの定番と言えば「禁煙パイポ」と呼ばれるものや、「離煙パイプ」と呼ばれるものでした。これにはいくつかの種類があります。

1つ目は、タバコと同じくらいのプラスチック状の筒で、吸い込むとミントなどの味がするもの。コンビニなどでも見かけることがありますよね。
それから、2つ目はタバコに取り付けるキャップのようなタイプの物で、これを付けてタバコを吸うと、タバコに含まれるニコチンを徐々にカットしていくというものです。

電子タバコ

1つ目の物は、禁煙する際に「なんだか口元が寂しい」「手持ち無沙汰」という気分を紛らわせる程度のものです。
2つ目のタイプのものは賛否両論ですが、カートリッジ部分で徐々にニコチンを減らしていくという、根気の必要な禁煙作業です。煙を吸い込むという行為は続くわけですから、結局は止められなかった、という声が圧倒的に多いように思います。

これらを試してみたけれど、タバコがやめられなかったという方も多いのではないでしょうか?
実際に私もその1人です。

禁煙は「電子タバコ」がおすすめな理由

最近では、禁煙グッズの事情も大きく様変わりしています。「禁煙グッズ」で検索をしてみると、まず電子タバコの情報が沢山出てきます。

フレンバー

  • 電子タバコなのに、煙が出ている?
  • 健康に悪いと聞くけど、実際はどうなの?
  • これで、タバコがやめられる?
電子タバコに馴染みのない人からしてみると、このような疑問は後を絶たないのではないでしょうか。
私自身、電子タバコで禁煙を成功させた経験があります。私の場合、最近の電子タバコと言えば「ファッション」の要素が強すぎて、敬遠していた部分があります。電子タバコなんて、若い人が使うものなのだろうと考えていたのです。

しかし、実際に試してみると最近の電子タバコの性能や、吸い心地は圧巻です。これまで試してきたような、「パイプ」商品とは全く異なるのです。

  1. 火は使わないので、煙は出ない。
  2. ミストを吸い込んで使う。吸い心地がタバコに近い。
  3. 様々な風味を試すことができる。
  4. ニコチンが入った電子タバコもある。

電子タバコといえばiQOSやPloom

iQOSやPloomなら知っているよ!という方も多いのではないでしょうか?確かに、これらの商品で電子タバコの認知は一気に拡がりましたね。
でも、電子タバコという物を全く知らないという方のために、簡単にご説明いたします。

iQOSは、世界的タバコメーカーであるフィリップ・モリスが販売している電子タバコです。
電気熱で、専用のタバコを温め、発生したミストを吸うものです。

iQOS_アイコス_本体

日本のタバコメーカーJTからも、Ploomと呼ばれる独自の商品が販売されています。
JTオリジナルの葉っぱを入れて使用するものです。

Ploom

これらの商品は、ニコチンがしっかり含まれた葉っぱを温め、その蒸気を吸い込むタイプです。ニコチンが含まれているので、本物のタバコを吸った時のような満足感が得られます。
実は、私はこの2つを吸っていました。確かにこれらは、リアルなタバコから離れるには非常に良い商品だと思います。

でも、私がお勧めする電子タバコは、これらとは全く違います。

おすすめの電子タバコは「ベイプ製品」

私がおすすめするのは、「リキッド」と呼ばれる液体を加熱して吸い込む、一般には「ベイプ」と呼ばれている製品です。
呼び方は色々で、「リキッド式電子タバコ」と呼ぶ人もいるようです。

リキッド式電子タバコ

この製品は、現在では本当に多種多様な製品が販売されています。
安価(2〜3,000円)なものから、数万円もする凝ったデザインのものまで、本当に色々なタイプの物があります。サイズに関しても、タバコと同じくらいのサイズから、かなり大きめのものまで豊富です。

リキッドは、それこそ数千種類、世界中で発売されている物を考えると、およそ数万種類(想像もつかないほど)の風味の物が販売されています。
日本では販売されていませんが、輸入すればニコチンの入っているリキッドを購入することもできます。

煙がモクモク、まるで本物のタバコ

ベイプ製品がおすすめな理由は、バリエーションの豊富さだけではありません。そのミスト(リキッドを熱した蒸気)の量が多いことも理由のひとつです。
たとえニコチンが入っていなくても、リキッドから生成されるミストは濃厚で、喉を通る感覚も煙に近い物があります。

濃い煙

重いニコチンで、ヘビーな喫煙をしていた方は、まずはニコチン入りのリキッドを試してみる。そして、徐々にニコチンの入っていないリキッドに切り替えていくと良いでしょう。(基本的にベイプのリキッドは、どのメーカーのものでも使えます)
私の場合、ニコチンは入っていなくてもタバコの味がする「タバコ味」のリキッドで禁煙に成功しました。

電子タバコというと、昨今のメディアの影響で、どうしても健康に害があるのでは?危ないものなのでは?という心配があるようです。
最近では、日本製で日本の食品安全基準を満たしたリキッドも多数販売されています。

もし、市販の「パイプ」では禁煙ができなかったという方は、一度はベイプ製品を試して頂きたいと思います。

本当にやめられるのか不安

ここまで読んでみても、本当にやめられるの?という疑問は消えないかもしれません。
実は、私もそうでした。実際に使うまで、禁煙というより減煙になれば、、と思っていたのです。

私はベイプで禁煙に成功するまでに、数々の禁煙方法を試しては失敗していました。禁煙外来にも通いましたし、何万円もする禁煙セミナーのDVDを購入したことさえあります。
ですから、半ば禁煙を諦めかけている時にベイプを購入したのです。

そんな私が禁煙できたからこそ、皆様にお勧めできるのです。
ベイプを使った禁煙方法をもっと詳しく知りたいという方は、下記の記事を参考にされてください。

ベイプで禁煙の口コミ

Twiterを見てみると、実際にベイプで禁煙に成功した方が多くいらっしゃいます。

どんなベイプを選ぶべき?!

私は、現在5種類のベイプを持っています。実際に吸い比べてみると、やはり違いがあります。

それは「吸い心地に差がある」ということです。

吸い心地が悪いベイプだと、吸っていて疲れます。ですから、吸うのが億劫になってくるのです。このようなベイプを選んでしまうと禁煙どころではありません。
なるべく吸い心地の良さそうなベイプを選びましょう。

 

rink_to_care

このページの先頭へ