「加熱式タバコ」と「電子タバコ」- ベイプとの違いとは?

「電子タバコ」という言葉は耳慣れていますが、「加熱式タバコ」「リキッド式」と聞くと、ちょっと聞き慣れない感じがします。

最近では、新しい電子タバコ『VAPE(ベイプ)』が日本でも大きなブームとなりつつあります。こうした電子タバコと、加熱式電子タバコの違いは、一体どこにあるのでしょうか?

「加熱式タバコ」と「ベイプ」の違い

電子タバコの種類

まずは、様々な呼び方がある『新しいタバコ』を、簡単に整理してみましょう。
ライターで火を点けて煙を吸う。これは本物のタバコです。そうではなく、火をつけない、電気を使ったタバコ電子タバコです。

電子タバコなら、燃焼時の煙が出ない分、一酸化炭素やタールを体内に吸い込む必要がありません。健康にとって、本物のタバコと比べて、そのぶん良いだろうと考えるのが普通です。
※実際には、電子タバコが全く健康に害がないというわけではありません。

そして、その電子タバコにもいくつかの種類があります。順番に見ていきましょう。

加熱式電子タバコ

JTの電子タバコ、プルーム(Ploom)に代表されるのが、加熱式の電子タバコです。

ploom(プルーム)

加熱式と呼ばれているのは、タバコの葉を電気的に温め、加熱することによってニコチンを吸収するため、このように言われているのです。
下の写真は、実際にプルームに詰める「ポット」と呼ばれるタバコの葉です。

ploom(プルーム)_ポッド

余談ですが、JTのオフィシャルサイトでは、プルームのことを「加熱型電子タバコ」と記載しています。

プルーム以外にも、マルボロなどを発売する米国の巨大タバコメーカー、フィリップモリスも加熱式の電子タバコアイコス(iQOS)を発売しています。

iQOS_アイコス_本体

フィリップモリスの加熱式電子タバコの特徴は、専用のタバコを「ヒートスティック」と呼ばれるものに挿して、加熱する点です。
これなら本物のタバコを吸っていた方にも馴染みやすいですし、取り替えも簡単です。

リキッド式電子タバコ『ベイプ』

このWEBサイトでも紹介しているような、液体を注入して、発生した蒸気を吸うタイプの電子タバコ、いわゆる『ベイプ』と呼ばれている電子タバコのことを『リキッド式電子タバコ』と呼びます。

フレンバー

今、最も普及している電子タバコと言っても過言ではありません。

リキッド式電子タバコの特徴は、やはり大量に出る「煙」です。煙と言っても、もちろん本物の煙ではなく、専用のリキッド(液体)が気化されたミストなのですが、その量は圧巻です。

まるで本物の煙のようにモクモクと排出されるミストは、吸い心地も気分も、本物のタバコを吸っているような感覚を味わえます。

ただし、日本国内ではニコチンが入ったリキッドは購入できませんので、その点は加熱式の電子タバコとは異なります。

リキッド式電子タバコで、ニコチンが含まれたリキッドが欲しければ、海外から個人輸入として購入する必要があります。最近では、個人輸入代行業者が仲介してくれるので、簡単に購入することが出来るようになりました。

なぜ『リキッド式』が人気なの?

海外でも日本でも、主流となっている電子タバコは『リキッド式電子タバコ』です。考えられる理由は、やはりリキッド本体の種類が非常に多く、しかも安価に購入できるという点です。
ニコチンが入っていないリキッドは、女性や非喫煙者にも人気です。

基本的には、リキッド式の電子タバコなら、どのメーカーのリキッドを使用することもできますし、世界中に無数のリキッドメーカーが存在するので、自分の気に入ったリキッドを探し出す楽しみもあります。

まるで本物のタバコのようにモクモクと出る煙も、おしゃれな本体も、リキッド式の電子タバコがファッションとして世界中で受け入れられている理由のひとつです。

リキッド式は禁煙に使える?

また、「禁煙に使える」というのも考えられる理由です。
Twitterを見てみると、リキッド式を使って禁煙に成功したという意見やチャレンジ中という投稿が多くあります。

リキッド式電子タバコの煙量、吸い心地なら、禁煙中の口さみしさを埋められます。

実際、私はリキッド式電子タバコを使って禁煙に成功しました。とにかく簡単に楽をして、タバコをやめる事が出来たのです。

禁煙しようか迷っている方、本数を減らしたいという方。ご一読下さい。

おすすめのリキッド式電子タバコは?

私は禁煙を通じて、たくさんの電子タバコを試しました。先述したアイコスやプルームも試しましたし、リキッド式電子タバコに至っては何種類も購入しました。

その中には、やはり良質な製品もあれば、粗悪な製品もあったのです。以下は良質な製品の中でも、さらにおすすめの製品をまとめた記事です。是非、御覧下さい。

rink_to_care

このページの先頭へ