Kamry K100 – 小さくても爆煙!なMOD

趣味的に電子タバコを使用している人の場合、見かけや大きさよりも、煙の量や濃さ、バッテリーの容量が大きい物が良いという人が多い気がします。たしかに、電子タバコ(VAPE)の面白さというのは、本物のタバコとは違った、機械っぽさ、未来的な感じっていう人も居ますよね。

いろんなパーツを変えていきながら、自分なりにお気に入りの一本があるっていうのは、やはり嬉しい物です。
そんな電子タバコの未来系とも言える製品、機能や性能を追求した、大容量バッテリーの新しい電子タバコ製品のことを、MODと言いますが、Kamry K100はまさに、メカニカルな未来系の電子タバコと言えます。

Kamry_k100
yajirusi

 

Kamry社で人気の電子タバコ K100

Kamry社というと、人気のX6を思い浮かべる人も多いでしょうが、このK100の人気は、海外を中心に徐々に高まっています。

Kamry_K100

 

テレスコピックという、上下に稼働する機構で、中に入れるバッテリーの大きさを変えることができるのも、K100の大きな特徴です。
堅牢でメカニカルな質感は、まるで近未来映画見たいな感じで、持っているだけでテンションが上がりますね、、

ベイピング(蒸気を吸い込む)時に使用するスイッチは、本体の一番下の部分にあります。

Kamry_k100

 

個人的には、スイッチを押す時のカチカチする感じも、通常の電子タバコに比べて合理的に見えますし、なんかカッコいいです。。
で、もっとカッコイイ?と思うのが、本体下部のロック部分です。
クルッと回してロックを解除したりかけたりするのですが、なんか動作的にも音的にもかっこいいですね。。

カチャカチャという機械的な音が、Zippoを彷彿とさせるのは私だけでしょうか。
実は、kamry K100のようなMODは海外のベイパー達にはかなり主流なようです。
たしかに、電子タバコってタバコと同じような形にこだわる必要はないですもんね。

電子タバコとしての使いやすさや、性能を追求していくと、自然とKamry K100のようなデザインや気候になるんでしょうね。
今後は、こういう機能的な電子タバコが主流になっていくような気がします。

yajirusi

rink_to_care

このページの先頭へ