JTの電子タバコ「Ploom TECH」の評価は?

タバコの健康被害や臭いによって、”嫌煙ブーム”が一段と増してきた感のある今日この頃。喫煙者にとっては肩身の狭い世の中になってきましたね。
そんな中で発売されたJTの電子タバコPloomTECH(プルームテック)。やはり、当然のように人気が出ています。

ploomtech-16

そもそも電子タバコというのは、電気を使ってリキッド(液体)を温め、香りをつけた水蒸気を吸引する製品のことです。
プルームテックの場合は、さらに吸い口(実際に口をつけるところ)にタバコ葉の入ったカプセルをつけてタバコの風味を楽しみます。

どんな使い方をするのか?吸いごたえはあるのか?気になるところではないでしょうか?詳しくご説明していきます。

普通の電子タバコとJTの電子タバコの違いは?

まずは普通の電子タバコとJTの電子タバコの違いをご説明します。
共通の特徴は火を使わないので、タールが発生しません。また、その他の有害物質も抑えられるので、健康面でも臭いの側面でもタバコよりも優れているとされています。

普通の電子タバコとはベイプ?

普通の電子タバコとは一般的にはVAPE(ベイプ)と呼ばれるものを指します。

フレンバー

上の画像は、実際に私が購入した Frienbr(フレンバー)という製品です。ベイプは、世界中の様々なメーカーから、以下のように多様な製品が販売されています。

JPVAPO

また、以下のようなパイプタイプもあります。

kamry_k1000

しかし、どれも基本的な構造は同じです。
以下のようなバッテリーの内蔵された本体。

フレンバー

そして、以下のようなアドマイザーで構成されています。

フレンバー

このアドマイザーにリキッドを注入して使用します。このリキッドを電気熱で温めて、発生する水蒸気を楽しみます。

リキッド

このリキッドもまた、世界中の様々なメーカーから発売されています。基本的にどのメーカーのものでも使用できます。もちろん、ニコチン入りリキッドも販売されているのです。

しかし、日本では薬事法の関係で流通されていません。ですから、個人輸入の代行での購入となります。少し難しく感じてしまいますね。しかし、インターネットでのお取引なら、ネットショップで購入と何ら変わりません。

iQOS(アイコス)

iQOS_アイコス

アイコスは世界的タバコメーカーフィリップ・モリスが販売している製品です。

この電子タバコは専用タバコを挿して使用します。

iQOS_アイコス_本体

専用タバコを電気熱で温めて吸うので、タバコに最も近いと思われるかもしれません。でも、焼き芋の煙のような不思議な味がします。したがって、評判はあまりよろしくないようです。

JTの電子タバコプルームテック

実はプルームテックには前身となる製品が存在します。それはPloom(プルーム)です。

ploom(プルーム)

このプルームはタバコ葉が入った「たばこポッド」を直接温めるのが特徴的です。

ploom(プルーム)_ポッド

味は良いのですが、煙が少なく、吸いごたえもあまりありません。
このあたりがどのように改良されているのか注目です。

では、プルームテックを見ていきましょう。

ploomtech-12

上記の画像は、実際に私が購入したプルームテックです。一見するとボールペンのようにも見えますね。でも、意外としっかり作られています。

プルームテックのマークのある以下の部分が本体となっています。

ploom tech 本体

この中にバッテリーが内蔵されています。ですから、本体を購入するとこの部分と充電器、ケース、説明書が送られてきます。つまり、これだけでは吸えません。

どういうことかというと、以下のタバコカプセルを購入する必要があるのです。

ploomtech-1

このタバコカプセルの封を切ると、タバコカプセル5ケとカートリッジ1ケが入っています。

ploomtech-7

上記の黒い方がカートリッジです。タバコカプセルはカートリッジの上部に取り付けます。

ploomtech-10

カートリッジの下部と本体の上部がネジになっているのでネジって取り付けます。

ploomtech-12

カートリッジの中にリキッドが入っています。このリキッドを電気熱で温め、発生した蒸気をタバコカプセルにくぐらせることでタバコの風味を楽しむのです。

ですから、タバコの葉やリキッドが無くなったら交換する必要があります。つまり、カートリッジとタバコカプセルは使い捨てなのです。

吸いごたえや煙の量はどれくらい?

吸いごたえは個人的には、残念ながら不満です。タバコを吸っている感じにはなりにくいでしょう。現在、タバコカプセルは3種類販売されています。

ploomtech-1

内訳はレギュラーが1つに、メンソールが2種類です。メンソールは喉にグッとくる感じもあり、まあまあ吸いごたえがあります。しかし、レギュラーは喉にきません。ニコチンが吸収される感じがしないのでたくさん吸ってしまいがちです。

また、煙(実際には水蒸気)がどれくらい出るのかというのも愛煙家には大切なポイントですよね。これは、実際の動画を見て判断して頂きたいと思います。

どうでしたか?個人的には、煙の量は満足しています。

本当に臭くないの?!

多くの方が本当に臭くないのか?疑問に思われているのではないでしょうか?
これについては私の個人的な感想よりも公平なジャッジが必要だと考え、このようなものをご用意致しました。

IMG_0597

口臭を計測する機械、ブレスチェッカーです。口臭を5段階に分けて計測します。
まずは、タバコを吸った後の口臭を計測してみました。今回、計測に使ったのはメビウスのMODE6です。このタバコは、JTの中では臭わないとされているものです。

IMG_0603

しかし、結果は最も臭いレベル5でした。比較用に餃子を食べた後の口臭を計測してみました。

IMG_0608

結果はレベル3です。タバコの臭さが際立ちますね。
では、いよいよプルームテックの番です。

IMG_0608

プルームテックの結果はレベル3。タバコよりも臭くないという結果ですが、餃子と同じとは、、、
臭いの質は違っても非喫煙者にとっては、プルームテックの煙や吸った後の口臭も臭いと感じるのではないでしょうか。いくら、プルームテックでも喫煙所以外では吸えないでしょう。

個人的な感想として、プルームテックの煙自体の臭いは嫌いではありません。また、部屋の中もあまり臭くなりませんし、合格点だと思います。あくまでもタバコと比べたらですが、、、

もし、あなたが「臭い」を気にして、プルームテックの購入をお考えならば、以下のような方法もあります。ご参照ください。

プルームテックの評判は?

実際に使用中の方の意見も見てみましょう。

評判は上々のようです。その一方で、物足りないという意見も目立ちます。しかし、吸い続けると慣れるという意見も多いようです。

プルームテックに慣れたら禁煙出来る?

odoroki

私はプルームテックを使って禁煙にチャレンジしてみましたが、上手くいきませんでした。どうしても、吸いごたえが足りず、ついついタバコを買ってしまうのです。

実は私は、過去に様々な禁煙方法にチャレンジしています。禁煙外来、ニコチンガム、禁煙セミナーなどなど、その全てで失敗してきたのです。

しかし、そんな意思の弱い私でも禁煙に成功した方法があります。それは電子タバコベイプを使った禁煙方法です。詳しくは以下の記事に書いてありますが、我慢や意思なんて不必要だったのです。

もし、あなたが禁煙にチャレンジしたいとお考えならば、是非ご覧下さい。

プルームテックは買うべき?!

現状で、軽いタバコを吸われている方やメンソールを吸われている方にはお勧めの商品です。しかし、ヘビースモーカーの方やきついタバコを吸われている方にはお勧めではありません。おそらく、慣れる前に吸うのをやめてしまうでしょう。

そのような方には、私はベイプをお勧めします。ベイプのニコチンリキッドはニコチン量を選べます。ですから、充分な吸いごたえを得られるのです。
詳しくは以下の記事をご参照ください。

 

 

 

rink_to_care

このページの先頭へ