圧倒的な煙の量!爆煙で人気のVAPEはこれ!

煙の量が多い電子タバコの方が、喉を通る感覚が本物のタバコに近く、人気も高いということは、以前にもこのブログで何度か紹介しました。
そうは言っても、一般的に、電子タバコを購入する方のほとんどは、最初は小さめの「パイプ型」の電子タバコを使用し始めると思います。

私もそうでしたが、大抵の理由は、価格も安くドラッグストアーやネット通販などでも、安く販売されているから「まずはお試し..」という感覚でしょうか。

電子タバコ

しかし、電子タバコの本当の楽しみはここからです。

小さめの電子タバコを長く使用していると、やがて、もっと煙の量が多くて、バッテリーが長持ちするタイプの物が欲しくなります。いわゆる「VAPE(ベイプ)」と呼ばれるタイプの電子タバコです。
代表的なVAPEはeGo(イーゴ)などの650mAhくらいのVAPE製品です。世界的にも広く普及したego-Tなどが一般的です。

価格もそんなに高くはなく、一通りのセットで1万円もしないものです。
私が始めて購入したVAPEも、JoyetechのeGo-Tです。今でもパーツを交換しながら、1年くらい使用しています。

時々液漏れも起こりますが、カートリッジやアトマイザーの交換でだいぶ良くなります。

ego-t

上記が私の使っている、お気に入りのeGo-Tです。
eGo-Tについては過去の記事にも詳しく書いていますので、以下も参考にしてみてください。

レビュー記事:eGo-T Joyetech正規品を購入!

 

圧倒的な煙の量が、楽しみを広げる

VAPE製品をしばらく使用していると、結局もっと煙の量が濃い電子タバコを使いたくなります。
それは、もっとリキッドのフレーバー(味)を突き詰めてみたくなるからだと思います。

煙の量が濃厚なほど、口の中に広がるフレーバーは深くて濃く感じるようになります。
この感覚は、実際に自分に合うリキッドを吸ってみると、はっきりと感じる事ができると思います。リキッドは、ニコチンが入っている物の方が刺激があり、本物のタバコに近い味だと言われています。

実際に、ニコチンが入っているリキッドを吸うと、喉を通る感覚は本物のタバコに近い感じがします。
ただ、しばらくVAPEを吸っていると、ニコチンの風味はどうでもよくなると思います。

電子タバコの良さをもっと引き出すには、深い味わいのリキッドを濃い煙で吸うのが一番です。
個人的には、深くて濃い味わいのリキッドと言えば、おすすめはジョンソン・クリークです。詳しくは過去の記事にも書いているので、参考にしてみてください。

電子タバコで人気のMOD

そこで、結局のところ電子タバコユーザーが落ち着くのが、MOD(モッド)と呼ばれる電子タバコです。
MODは電圧が高く、電池の容量も大容量なため、濃い煙を長い時間に渡って楽しむことができます。

Kamry_k100_MOD

特に私がおすすめなのが、Kamryというメーカーから発売されている、K100というMODです。
見た目はちょっとゴツイですが、MODと言えばこういう形をした物がほとんどです。

煙の量は「爆煙」という言葉が相応しく、一口で周囲1メートルが真っ白になるくらいの煙の量を生成できます。
Kamry K100は人気の製品のため類似品も多く、在庫も常に不足していますが、以下のショップでたまに在庫がある時もあります。

yajirusi

 

 

rink_to_care

このページの先頭へ