「安心して使える電子タバコ」ならこのメーカー!

電子タバコの安全性については、未だに多くの見解があり、議論は続いています。
本物のタバコよりもよっぽど安全だという見方もあれば、身体に有害な発がん性物質が含まれている、というニュースも目にします。
こうした中、リキッドについて言えば、安全性において信頼のおける「日本製のリキッド」の人気が高まっています。

フレンバーリキッド

日本製のリキッドの安全性

 

安心できる電子タバコのメーカーは?

前回の記事でも書いたように、電子タバコのバッテリーはリチウムイオン電池を使用しています。この為、質の悪い製品の場合、発火事故などの不具合が起きる可能性も考えられるのです。

爆発事故は勘弁!信頼できるメーカーは?

また、「リキッドを気化して吸い込む」という電子タバコの機構上、アトマイザと呼ばれる部品の作り込みは重要です。この部分の品質が甘ければ、満足な煙を得ることができなかったり、液漏れや煙が出ないなどの不具合が生じることがあります。

アトマイザ

 

そう考えると、安心して使える電子タバコ、というのは、言い換えればバッテリーとアトマイザの作りがしっかりしている物、という事になるのではないでしょうか。

おすすめの電子タバコメーカー

電子タバコ本体は、リキッドとは違い「純正な日本製メーカー」という物は、JTの「Ploom」という製品くらいしか存在していません。現在販売されている電子タバコは、ほとんどが中国製の製品なのです。その理由については以前の記事にも詳しく書いています。

JT以外で、日本製の電子タバコはある?

海外製の電子機器と聞くと、どうしても品質面で劣ると思われてしまいすです。実際には、例え中国製であっても、しっかりとしたメーカーの物であれば、先ほど書いたようなトラブルはまずありません。

また、日本の販売店が販売している商品は、事前に品質のチェックを日本で行っていますので、故障などの問題は滅多にありません。私もいくつかの電子タバコを愛用していますが、すべてが中国製のものです。

1年ほど使い続けていますが、大きな故障が起きたことは1度もありません。以下に、ネットでも販売されている電子タバコのおすすめブランドを、いくつかまとめてみました。

電子タバコランキング – おすすめはこれ!

 

rink_to_care

このページの先頭へ