危なくない電子タバコって、どれ?

普及が進むにつれて、高電圧な電子タバコや、圧倒的な煙の量を作り出す電子タバコなど、性能や使用感もアップしている電子タバコ(VAPE)。

これまで、海外からの個人輸入など、入手するのが困難だった電子タバコですが、最近ではインターネットを通して手軽に国内で購入できるようになりました。
ただし、以前の記事にも書いたように、バッテリー部分の発火や爆発。不衛生なリキッドによる健康へ悪影響など、電子タバコ=危ないもの、というイメージも徐々に浸透しつつあるような気がします。

tobbaco _2

 

禁煙の為にはおすすめしない?

電子タバコと言えば、禁煙の為の道具というイメージが強い方も多いでしょう。
しかし、実際に電子タバコを長年愛用している人を見ると、健康の為というよりは、趣味で電子タバコを楽しんでいる人が多いように見えます。
最近の電子タバコは、非常に趣味的でファッション要素が強い気がします。

私自身、当初禁煙のために始めた電子タバコが、今や電子タバコにどっぷりはまってしまっています。

禁煙にはもちろん成功したのですが、今度は電子タバコがやめられなくなっているのです。。
ニコチンの入ったリキッドは使用していませんが、喉を通る煙の感じは、完全に本物のタバコです。もちろん、煙の量などは製品とリキッドの種類にもよりますが。

そうなると、今度は電子タバコの危険性が気になってしまいます。
最近、時々ニュースで見かけるように、電子タバコのリキッドには、呼吸器系の病気や心疾患などの病気を誘発する危険性もあると言われています。

リキッド選びは重要!

個人的には、健康の事を考えるとどちらかと言うと電子タバコ本体よりも、リキッドの選び方が重要だと考えています。
リキッドは、霧状になって肺や体に入る物です。
ほとんどのリキッドは、中国で製造された商品になると思いますが、これらは本当に大丈夫なのでしょうか。
あまりにも安すぎるリキッドや、どこのメーカーが作ったのか分からないようなリキッドは、やっぱり不安ですよね。

まだまだ主流ではありませんが、最近では、こうした流れもあって、日本製のリキッドや、アメリカ製のリキッドなども販売されています。
日本製、アメリカ製のリキッドは、以前の記事安全なリキッドとはで詳しく紹介しています。

怪しいメーカーの製品は買わない

海外ではすでにニュースとなっている、電子タバコのバッテリー発火事故
はっきりと、どのようなメーカーの電子タバコでこうした事故に至ったのかは取り上げられていません。しかし、バッテリーの不具合などが起こるとしたら、やはり品質の低いメーカーが想像されてしまいます。

現実に、インターネット上では、見たことも聞いたこともないような電子タバコが沢山販売されています。
名前の知られたメーカーの物なら危なくないというわけでは決してありませんが、いかにも安っぽい、どこで作られたか分からないような、怪しいメーカーの電子タバコを購入するのは危険です。

購入前には、自分が買おうとしている電子タバコが、怪しいメーカーのものでは無いか、充分に注意しましょう。

rink_to_care

このページの先頭へ