電子タバコのリキッドの入れ方 – 初心者の方向け

電子タバコを初めて使う方にとって、リキッドが何か?どうやって入れるのか?などは謎が多いのではないでしょうか。
一度やってみると全然難しいことでは無いのですが、私自身、初めて電子タバコを使う際には恐る恐るといった感じでした。ただ、決して難しいことではありません。

電子タバコのリキッドの入れ方

まず、電子タバコ(VAPE)のリキッドは、ピンからキリまで大量の種類のリキッドが販売されています。E-リキッドスモークジュースとも呼ばれていますが、基本的にはどのリキッドもベースとなる成分は同じですので、どれを使用しても問題はありません。

電子タバコ_リキッド

リキッドの種類はこんなに豊富!どれが美味しい?

 

実際にリキッドを入れてみる

今回は、初心者の方にもおすすめなオーソドックスな電子タバコ「フレンバー」を使用して、リキッドの入れ方を解説してみます。

フレンバーの箱
本体の構成は以下のような部品で分かれています。

アトマイザ
ここが、リキッドを入れるアトマイザーと呼ばれる部分です。本体(バッテリー部分)にはクルクルとねじ込むだけで取り付けられます。

フレンバー(Frienbr)使い方

では、早速アトマイザーのタンク部分にリキッドを入れてみます。

フレンバー(Frienbr)使い方

タンクの上の部分の蓋を、これもクルクルと回して取り外しましょう、、

フレンバー(Frienbr)使い方

あとは、予め購入しておいたリキッドをタンクに注入するだけ!
リキッドが漏れると手がベタベタしますし、匂いも付いてしまうので要注意です。ちなみに、リキッドを入れる時は真ん中の芯の部分(穴があいている部分)に掛からないようにしましょう。

フレンバー_Frienbr

リキッドを入れたら、後は組み立てるだけです。特に難しい作業は必要ないと思います。
アトマイザー部分は自分の好きな色や形の物に取り替えることができるので、好みに応じて取り替えてみたり、リキッドの数に合わせていくつか購入しておくと便利です。
以下の記事で、アトマイザーの取り替えについて詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

可愛い電子タバコが人気!こだわりの1本はどれ?

 

rink_to_care

このページの先頭へ