おすすめリキッド – ジョンソンクリークはクセになる深い味!

私が一番愛用している、電子タバコ(VAPE)のおすすめリキッドと言えば、やはりジョンソン・クリーク(Johnson creek)のリキッドです。
甘いリキッドはどうしても好きになれない私ですが、ジョンソンクリークのリキッドだけは別です。
今でも「J.C オリジナル(ジョンソン・クリーク・オリジナル)」という、タバコの風味が少し入った、ジョンソンクリークならではのオリジナルフレーバーを愛用しています。けっこう甘めのリキッドですが、一度吸うとハマってしまいます。

ジョンソン・クリークって?

そもそも、ジョンソン・クリーク(Johnson creek)というメーカーはどんなメーカー?という方も居ると思います。
ジョンソン・クリークは、アメリカのウィスコンシン州にある、電子タバコのリキッドを開発・製造している、いわばリキッド業界の世界的なメーカーです。
電子タバコの関連製品というと、とにかく中国系の企業が多いイメージですが、アメリカのメーカーというだけで、なぜか品質が高いような気がしてしまいます。。

以下は、アメリカのジョンソンクリーク社のホームページです。

ジョンソンクリーク

 

英語になりますが、ジョンソンクリーク社の紹介動画もありました。

 

実際にジョンソンクリークのホームページを見てみると、さすがに大規模な企業だけあって、しっかりしています。。
動画を見ると、品質にかなりこだわっているということも分かります。

やはり、リキッドは気体として体に入れるものなので、個人的にもかなり慎重に選ぶようにしています。
最近は特に、電子タバコの健康被害は問題となっています。安ければ良いという考えで、不衛生な商品を選ばないように気をつけたいですね。

見た目もカッコイイ!

JohnsonCreek

こちらは、私が愛用しているジョンソン・クリークのリキッドです。
ジョンソンクリークは、パッケージがとてもしっかりしていて、プラスチックではなくて、瓶でできています!しかもかっこいい、、
見た目だけでなく、風味と衛生面にも徹底してこだわっているらしく、スポイドとキャップは別々になっています。

 

JohnsonCreek
どういうことかと言うと、購入時は密閉用のキャップでしっかり密閉された状態で送付されてきます。
で、使用する時にはこちらのスポイドに付け替えるようにします。

 

JohnsonCreek

 

ちなみに、このスポイド、先端が他社の物に比べてかなり細くなっていて、注入しやすいです。
かなり細い点ですが、個人的には、このスポイドがすごく使いやすかったので、他社製のパッケージとスポイドがすごくショボく見えるようになりました。。

 

ジョンソンクリークの深い味..

だいぶ無駄話をしてしまいましたが、ジョンソンクリークでおすすめのフレーバーは2つあります!

  • ジョンソン・クリーク オリジナル(J.C. Original)
  • アークティック メンソール(Arctic Menthol)

他にもいくつか紹介したいリキッドがあるのですが、この2つは特にお気に入りです。

ジョンソン・クリーク オリジナル(J.C. Original)

 

JohnsonCreek

 

私のつたない言葉では説明が難しいのですが、このジョンソン・クリークオリジナルは、他にはない深い味です。
最初の一口目に吸った感じは、ナッツ?のような甘ったるい味だな、って思ったんですが、ただ甘いだけでなく、すごく優しくて深い味わいです。
甘い風味が苦手な私ですが、このジョンソンクリークオリジナルだけは長く買い続けているリキッドです。

ちなみに、このジョンソンクリークオリジナルは、タバコの奥深い味わいを、リキッドで表現する為に独自に開発した商品とのこと。
他社のリキッドでは味わえない、香り高くて洗練された風味です。長く吸うほど、離れられない、癖のある味ですね。。

アークティック メンソール(Arctic Menthol)

 

JohnsonCreek

 

上記の、ジョンソンクリークオリジナル(J.C. Original)が、ちょっと甘すぎるという人におすすめなのが、アークティック メンソール(Arctic Menthol)です。
こちらも甘さはあるのですが、J.C Originalの甘さを若干抑え、すっきりしたメンソール風味もほんの少し付け加えられています
ただ、独特のナッツの優しい風味はしっかり出てます。

いずれの二つも、甘いのはどうしても苦手!という方にはおすすめできませんが、電子タバコのリキッドならではの、深い味わいを是非味わって頂きたいと思います。
ちなみに、ジョンソンクリークのリキッドは、個人輸入などで売っているお店が多いです。海外のリキッドはなかなか手に入りずらい物が多いですね。

rink_to_care

このページの先頭へ