安全なリキッドはどこで買う?電子タバコの安全性

最近の電子タバコ産業で話題になっているのが、安全性の問題です。
電子タバコのリキッドというのは、霧状になって肺の中に入っていくわけです。どうしても安全性に不安があるという人が出てくるのは、当然の話だと思います。
さらに心配に拍車をかけるのが、電子タバコ単体にしても、リキッドにしても、製造されているのは、主に中国や台湾といったアジアの新興国です。最近の中国製品は、品質が向上されてきたとは言え、どうしても、安全性の不安は拭いきれません。

さらに、最近では電子タバコのリキッドに含まれる含まれる成分である、グリセリンなどが、身体に有害な影響を与えるのではないか、という指摘もあります。

健康被害
こうした健康被害の問題は、未だにはっきりとした結論は出ていません。結局のところ、人工的に作られたリキッドを霧状にして大量に摂取するわけですので、大量に吸引すれば、何かしらの悪影響は危惧されます。

これに加えて、ニコチンの問題も明らかになりつつあります。日本ではニコチン入りのリキッドの販売は禁止されています。
最近問題となっているのは、ニコチンが入っていないと表示されているにも関わらず、実はニコチンが微量に含まれていたという例です。

海外から輸入された安価なリキッドが、大量に販売されている現状では、どうしても安全性が危惧されてしまうというのが、電子タバコ業界の悩みの種です。

安全性の高いリキッドは?

個人的には、どこのメーカーが作ったのか分からないようなリキッドや、異常に安すぎるリキッドは、安全性になんらかの問題があるのでは無いかと、不安になってしまいます。また、個人レベルで販売しているリキッドも、購入を躊躇してしまいます。
安全性を考えて、長年愛用しているのが、アメリカの老舗リキッドメーカーである、ジョンソン・クリークのリキッドです。
安全性だけでなく、風味が柔らかくて、単純においしいいです。これは癖になります。

 

ジョンソンクリークのリキッド

 

ここの商品なら、品質管理も徹底されていますし、それ以上に美味しくて、パッケージがカッコイイというのも理由の一つでもあります。

日本製のリキッド フレンバー

それから、フレンバー(Frienbr)というブランドでは、日本製のリキッドも取り扱っています。

 

フレンバー_Frienbr_リキッド

 

フレンバーのオンラインショップでは、日本製のリキッドとイタリア製のリキッド、両方が販売されています。
特に安全性を特に気にしている方は、日本製のリキッドを購入することもおすすめです。過去にフレンバーのリキッドについて、詳しいレビュー記事も書いていますので、参考にされてみてください。

当然、中国製ではなかったら、安全性が高いとは言い切れません。
また、中国製のリキッドは安全性が低いなどというわけではないのです。ただ、上記のジョンソンクリーク社などは、リキッドを専門に販売し始めてから、それなりの年数が経っている老舗の企業です。

生産管理や品質管理も非常に行き届いているように見えます。

リキッドによる身体への影響はまだまだ未知数です。
特に最近突然あらわれたブランドなどの製品を購入する際には、それなりに調べてから購入した方が良いように感じます。

妙な成分が混入されているリキッドを長年吸い続けると、その時は何も感じなくても、将来的に何か病気を引き起こす気がしています。

rink_to_care

このページの先頭へ