タバコを吸って痰が絡むことが増えたら危険かも?!

タバコを吸うとどうしても痰が絡みますね。でも、その痰が増えてくると困ったことが起きてしまいます。

あなたにも以下の経験があるのではないでしょうか?

  • 商談の最中に痰が絡んで、商談相手に怪訝な顔をされた
  • 痰を吐いているところを家族に見られ、汚いと言われた

病院に行けば痰を和らげる薬をもらえるかもしれません。しかし、それは根本的な解決にはなりません。根本的な解決は間違いなく禁煙ですね。
でも、タバコをやめたくない、もしくはやめられない、、そのお気持ちもよく分かります。

でも、あまりに痰が多いのであれば病気の可能性もあります。また、痰は量や色によって、病気かどうか判断できる場合もあるのです。まずは、「あなたの痰」を知りましょう。
そして、あなたに合った対策を立てましょう。

危険なのはどの色?痰は色で判断できる?

odoroki

痰というのは、気道(肺に通じる空気が通る道)の粘膜で作られる粘液のことを言います。その役割は細菌やホコリから体を守ることです。ですから、有害物質であるタバコの煙で痰が増えるのです。

痰には透明なものから、黄色やピンクと様々な色があります。ピンクや赤黒い痰が出た時は血が混ざっているので、気道のどこかの炎症が激しいでしょう。また、緑っぽい痰が出た時は細菌が増えているサインです。

ただし、一般的には何色の痰が出たら危険というのはありません。また、大きな病気の原因となることはまれです。
しかし、喫煙者の場合は別です。特に痰の量が増してきたというのであれば注意が必要かもしれません。

タバコを吸うなら知っておきたい「怖い病気」

あなたが長年吸ってきたタバコの煙は、呼吸器にある線毛を傷つけています。線毛は、細菌やホコリなどを捕まえる役目を持っています。線毛のおかげで気管支が常に綺麗な状態にあるのです。

しかし、タバコの煙によって線毛が傷つくと機能が落ち、いずれ脱落します。さらに、線毛が働くのに欠かせないのが気道液です。これもタバコの煙によって、分泌量が減ってしまいます。これにより、痰が粘っぽくなり線毛に絡みつき、その働きを奪ってしまうのです。

線毛と気道液が正常でなくなると肺の浄化機能が上手くできません。これにより、有害物質が肺に蓄積していきます。その有害物質を排出するために痰が増えるのです。

少しまとめておきましょう。

タバコの煙で線毛や気道液が正常でなくなる

肺に有害物質が溜まる

有害物質を排出するために痰が出る

ですから、痰が増えたということは肺に有害物質が溜まっているということなのです。この状態を放置すると「怖い病気」のリスクが高まります。

怖い病気とは?

口臭

その病気はCOPD慢性閉塞性肺疾患)です。この病気の初期症状は、痰や咳、息切れです。しかし、放置しておくと、気管支内が炎症してむくみます。その結果、酸素を取り込む機能を持つ肺胞が壊れ、呼吸がしにくい状態となってしまいます。

ここまでは、ただの気管支炎のようにも見えるかもしれません。しかし、この病気の本当の怖さはここからなのです。

なぜ、COPDが怖いのか?

COPDが怖いのは、どんどん進行する点です。痰がどんどん増え、咳が止まらなくなり、息切れは激しくなっていきます。進行すると、酸素ボンベ無しでは日常生活もままならない程になってしまうのです。

しかも、この病気は進行するまで気づきにくいという特徴があります。COPDを患っているのに治療していない方が500万人以上いると推定されるという調査結果もあります。
もし、この病気が疑われるのであれば、早めに病院へ行きましょう。

痰がひどいなら、、

痰があまりに多いのであれば禁煙した方が良いかもしれません。私は禁煙に成功していますが、やはり禁煙すると痰は出なくなります。

禁煙が難しく大変なことは重々承知です。私も何度失敗したのかわからない程、数々の禁煙方法、禁煙グッズを試しました。でも、最後は意外な程、簡単に成功したのです。

その時の体験を記事にしています。少しでも禁煙してみようかなと思われたのであれば、是非、御覧ください。

痰を減らす方法は?

水分をたくさん摂ると痰を排出しやすくなります。水分によって痰が柔らかくなると線毛に絡まず、出しやすくなります。

でも、やっぱり痰を減らしたいですよね。それには、おすすめの方法が2つあります。

口臭ケアを行って痰を減らす

痰は入ってくる細菌が増えることでも増加してしまいます。実は、タバコを吸うと口内に細菌が繁殖しやすくなるのです。ですから、気管に入る細菌が増えてしまうと考えられます。

したがって、細菌を減らすタイプの口臭ケアサプリメントなどを利用すれば痰が減ってくるでしょう。
私のおすすめはオーラルデントです。詳しくは以下の記事に記載してありますが、タバコの口臭も消えるので喫煙者にとってはありがたい商品です。

電子タバコに変える

話題の電子タバコJTのPloomTECH(プルームテック)やフィリップ・モリスのiQOS(アイコス)に変えるのも1つの手でしょう。これらは電気熱でタバコ葉を温めるタイプの電子タバコです。

電子タバコは火を使わないのでタールが発生しません。さらに、有害物質も大幅に軽減されているというデータも出ています。ですから、痰の減少が期待できるのです。

ただし、プルームテックとアイコスには難点があります。それは、吸った感じがしないことです。吸いごたえがあまりありません。私も購入しましたが長続きしませんでした。

私のおすすめの電子タバコは、アイコスやプルームとは全く違います。それは、電気熱でリキッドと呼ばれる液体を温めるタイプの電子タバコVAPE(ベイプ)です。

フレンバー

ベイプで使われるリキッドにはニコチン入りのものなど、様々な種類があります。このニコチン入りリキッドなら吸いごたえもあり、ニコチンをしっかり感じられるでしょう。

私の経験では痰は確実に減りました。あなたも実感することでしょう。
以下は私が試したベイプの中から選りすぐったものを紹介した記事です。
是非、御覧ください。

 

 

rink_to_care

このページの先頭へ