タバコを吸うと痰がよく出る?!注意すべき症状は?

タバコを吸うと痰がよく出ますよね。特に、たくさん吸った時はびっくりしてしまうほど出てしまいます。歯磨きの時に出るのは、まだいいのですが、、人前で咳をした時などに出てしまうと困ってしまいますね。

この痰、どうして出るのか、不思議に思いませんか?
また、もし、あなたの痰が年々多く出るようになった。咳もよくする。といった場合は注意が必要です。

タバコを吸うと痰が出るのはなぜ?

くわえタバコ

痰の正体を簡単にご説明しますと、水が主成分の粘液です。


痰の正体

(たん、喀痰 (かくたん) Phlegm/flɛm/ ) は粘液の一種で、動物の粘膜から分泌されるねばねばした流体である。色は透明色~黄色。定義は呼吸器系で作られた粘液に限り、鼻腔経由のものは除く。特に咳(唾)によって出される粘液である。気候、遺伝子、免疫系の状況によって成分は異なるが、基本的に糖蛋白や免疫グロブリン、脂質を含む水が主成分のゲルである。咽喉・気管部粘膜に重度の炎症がある場合は、痰に原形を保った組織片を含む場合がある。

出展:wikipedia

成分を見ていると、タバコを吸っても、痰が増える気がしないかもしれません。
実は、痰の本当の正体は呼吸器からの SOSのサインです。

線毛と気道液の異変

あなたがタバコを吸いすぎると、呼吸器にある線毛に異変が起こります。
線毛というのは、体外から入ってくる異物や細菌を捕まえる役割を持っています。この役割によって、気管支が常に清潔な状態に維持されるのです。

ところが、タバコをたくさん吸うと、線毛が刺激され機能が落ちてしまいます。ひどくなると、線毛が脱落してしまうのです。

また、線毛が正常に働くのに欠かせないのが気道液です。これもタバコの吸いすぎによって、分泌量が低下してしまいます。すると、痰の粘り気が増し、線毛に絡みついてしまいます。

線毛と気道液が正常に働かなくなると、今度は肺に異変が起こってしまうのです。

肺の異変

線毛と気道液が正常に働かなくなると、肺の浄化が上手くいかなくなります。ですから、スムーズに有害物質の排出ができず、汚れがたまっていくのです。
その汚れを排出しようと、咳や痰が頻繁に出るのです。

あなたは痰だけではなく咳も出ませんか?

ひょっとしたら、その痰と咳は放っておくべきではないかもしれません。

その症状COPDかも

あなたは、次の事に心当たりはありませんか?

COPDの自己診断

  • よく咳が出る
  • よく痰が出る
  • ちょっとした動作で息切れがする
  • よく風邪を引く
  • 10年以上、タバコを吸っている

もし、これらに当てはまるのであれば、COPD(慢性閉塞性肺疾患)かもしれません。
この病気のほとんどの原因は喫煙にあります。ですから、通称名は「たばこ病」です。その症状は、自己診断にあるように、咳・痰・息切れです。

そのメカニズムは気管支内の変化によるものです。

  1. 気管支内に空気が通り辛くなる
    ・気管支内が炎症してむくむ
    ・痰などの大量分泌

  2. 炎症によって、酸素を取り込む肺胞が壊れ、呼吸がしにくくなる
これらによって、痰や咳がよく出るようになるのです。
「でも、ただの気管支炎でしょ?」と思われた方もいらっしゃるでしょう。
確かに、この病気の初期症状は気管支炎に似ています。

でも、進行するととても危険な病気なのです。

COPDは危険な病気?

健康被害

COPDが危険なのは、徐々に進行するという点です。放置しておくと、咳や痰、息切れがどんどん悪化していきます。
タバコを吸い続けたり、風邪などの病気が重症化を早めていくのです。

しまいには、外出や入浴ですら息苦しさを感じてしまう程、重症化します。こうなると、もはや酸素ボンベが必要になってきます。

COPDの治療は?

COPDを患ってしまうと、気管支や肺はもとどおりにはなりません。
病気の進行を遅らせ、症状を軽減するしかないのです。

COPDの治療

  • 薬物療法
  • 運動療法
  • 食事療法
  • 禁煙
これらを、長期に渡って継続しなければ悪化してしまうのです。

COPDは多い病気?

ショッキングな報告も発表されています。

COPD有病率

順天堂大学医学部の福地氏らによる大規模な疫学調査研究NICEスタディ(2001年発表)の結果、日本人の40歳以上のCOPD有病率は8.6%、患者数は530万人と推定されました。しかし、2014年の厚生労働省患者調査によると、病院でCOPDと診断された患者数は約26万人です。つまり、COPDであるのに受診していない人は500万人以上いると推定されます。

出展:COPD情報サイト

ほとんどの人が、ご自分の肺や気管支の異常に気付いていないのです。
厚生労働省の統計では、2014年にCOPDで亡くなった方は16,184人に上ります。
通院して、適切な治療を受ければこの数字は変わっていたでしょう。

喫煙者は痰や咳に悩んでいる

ツイッターを見てみると、やはり痰や咳に悩んでいる喫煙者が多いようです。

プルーム(Ploom)やアイコス(iQOS)に変えるべき?!

iQOS_アイコス_本体

喫煙者にとってショックな内容だったのではないでしょうか?
もちろん、それで禁煙を決意されたのであれば、すぐ実行すべきです。でも、そんな簡単にやめられませんよね。私もそうでした。

そこで、プルームやアイコスなどの電子タバコに乗り換えてみるのも1つの手段でしょう。
電子タバコなら、火を使わないのでタールなどの有害物質は大きく減ります。私の場合は、これらを吸っていると痰や咳が減りました。

でも、いつかは禁煙を!

タバコを吸い続けることで、発症しやすくなる病気はCOPDだけではありません。ガンなどの発症率も大きくなります。
タバコを吸い続けるということは、あなたが思っている以上に「害」があるのです。

以下の記事をご覧になると、禁煙したくなるかもしれません。記載してある内容は、今回の記事よりもショックキングな内容です。

 

また、すぐにでも禁煙したくなったよ!という方は、以下の記事をご参照ください。
私が実際に禁煙に成功した方法を記載しています。

rink_to_care

このページの先頭へ