おしゃれな電子タバコ VAPE – ブームの兆し

電子タバコ「 VAPE」は、タバコ増税や、禁煙ブームの波に乗って、その人気を高めています。
これまでの電子タバコとは格の違う「おしゃれさ」でも注目されています。

これまでにも電子タバコは存在しましたが、フレーバーもオリジナリティが無く、味気ないものばかりでした。
しかし電子タバコ VAPEは、フレーバーリキッドもバリエーションに富み、自分で好きなようにカスタマイズできる、という魅力があります。

vape_x6_kamry

 

「電子タバコなら吸える場所」がある

一般的にタバコは有害物質の象徴として世界的にも嫌煙の傾向にあります。
だからこそ、禁煙者たちの新しい楽しみとして、電子タバコ VAPEが定着しつつあります。

街中や公共の場などでは、タバコを吸ってはいけないという風潮の中でも、電子タバコであればOKという場所が多いのもまた事実。欧米では、喫煙所の近くにVAPEを吸う専用のスポットまで設置されています。
また、これまでの電子タバコとは違い、最近の電子タバコは、味覚と視覚の両方を楽しませてくれる、機能性の高さが売りとなっています。

禁煙者だけでなく、これまでタバコを吸ったこともなく、むしろ嫌煙家であった人でさえ、電子タバコ VAPEを吸いはじめたという例もあるくらいです。そのファッション性の高さから、若い人や女性の愛用者も増えてきています。
こうした中、電子タバコ(VAPE)が、社会的にも認知度が高まってきているようです。
近年は電子タバコブームの再来ともいわれるほど、急激な人気を誇っています。

何よりも、本物のタバコに比べると、タールが発生しにくい電子タバコは、においも付かず、ガン性を低く抑える可能性があります。周囲にも、においや副流煙で健康に害を与えることが、本物のタバコよりも少なくなるという面があります。

火を使わず、安全性が高い。
喫煙モラルに厳しい社会的背景を反映して、今では急成長している、おすすめのアイテムでもあるのです。

rink_to_care

このページの先頭へ