VAPEでニコチンを摂取するには – 通販で買える?

電子タバコ VAPEを使うなら、ニコチンのリキッドを使用したいという方が多いようです。

私自身も、禁煙のためにVAPE(ベイプ)製品を使い始めたのですが、特にニコチン入りのリキッドは必要なく、禁煙することに成功しました。
ですので、個人的にはニコチン入りのリキッドは特に欲しいとは考えていないです。
ただ、きっとニコチン濃度の強いタバコを吸っている人の場合、禁煙にあたっては、切実にニコチン入りのリキッドが欲しいのだろうな、と思います。

そんな訳で、今回は、VAPEでニコチン入りのリキッドを使う為に必要な事などを、私なりに書いてみたいと思います。

VAPEニコチン摂取

ニコチンのリキッドは日本では禁止?

まず始めに知っておかなければいけない事ですが、当然ながらニコチン入りのリキッドは、国内での販売は禁止されています。

厚生労働省の見解
ニコチンを含有する電子タバコについて、薬事法上の医薬品及び医療機器に該当する場合、これを販売する行為は、無承認無許可医薬品等の販売等として薬事法に違反することが疑われるという見解を明らかにしている。

出典:国民生活センター

上記のように、厚生労働省では、ニコチンを含有するリキッドの場合「医薬品」に該当するとして、明確に販売を規制しています。

ただし、これは日本での話しで、海外ではニコチンが含有されたリキッドが沢山販売されています。
特にアメリカや中国では、リキッドを専門に開発・製造する巨大なメーカーが続々と現れています。
日本国内では、ネット通販を含め、ニコチン入りのリキッドを購入することはできませんが、個人利用の範囲で海外のショップからニコチン入りのリキッドを購入し、輸入することはできます

個人が自分で使用する範囲なら、購入は可能、というわけですが、あまり一度に沢山購入すると、国内での転売用途と思われてしまい、税関でストップされてしまう事もあるようです。注文する個数には注意した方が良いでしょう。
そうした情報は、インターネットで調べると沢山出てきます。

海外のショップから直接購入する、というと、かなり敷居が高く感じられるかもしれませんが、最近はPaypal(ペイパル)や、クレジットカードで安全に決済できるシステムが整っています。
日本のインターネット通販を利用した事がある方や、簡単な英語が読めれば、購入することは大して難しいことではありません。

また、インターネット上には、こうした個人輸入を代行する「個人輸入代行」を専門に扱う業者も存在します。
こうした業者も、インターネットで検索すると、沢山出てきます。
日本国内での流通と違い、海外から購入した商品は手元に届くまでに時間がかかったり、送料が割高になったりするのは当然の事ですが、一度購入に慣れてしまえば、あまり大した事ではないと思います。

rink_to_care

このページの先頭へ