VAPEのフレーバーって一体なに?どう違うの?

電子タバコ(VAPE)を購入しようと思った時に、まず一番はじめに疑問に思うのが「フレーバーってなに?」という疑問ではないかと思います。

フレーバーというのは、電子タバコ(VAPE)に注入する「リキッド」の事で、様々な風味の物が存在しています。
風味の事を直訳すると、flavor(フレーバー)となりますが、VAPEに注入するリキッドの事を、一般的には「フレーバー」「リキッド」、または「E-リキッド」と呼んでいます。
ちなみに、海外では「e-Juice(ジュース)」「smoke juice(スモークジュース)」と呼んだりもされています。

ジョンソンクリーク_JohnsonCreek

どんな種類がある?どれを選んでも良いの?

このフレーバーの種類ですが、とにかく数え切れないくらいの種類の物が販売されています。

 

参考記事:リキッドの種類はこんなに豊富!どれが美味しい?

 

メーカーの数だけでも、想像もつかないくらいの数が発売されているので、自分の購入したVAPE製品に合うかどうか心配になる方もいるかもしれませんが、基本的にはどのメーカーの物を使用しても構いません
VAPEのフレーバー(リキッド)は、基本的にはどれも同じような成分で構成されています。

リキッドのベースとなる成分はグリセリンで、それに加えて、風味を付け加えるために様々な成分が添加されています。
初めてフレーバーを選ぶ際は、自分が気になる風味、例えば甘いものが良いのか、逆に甘さを抑えた物が良いのか、禁煙や減煙のために使える、タバコらしいフレーバーが良いのか、メントールを選択するか..
など、自分の気になる「味」を中心に選んでみると良いと思います。

ちなみに、どのフレーバーを選択するかによって、煙の濃さや量には若干の違いが現れます。
濃くてたくさん出る煙は、喉越しも強く、刺激的で本物のタバコをも凌ぐ満足感が得られる場合があります。

VAPEのフレーバー

ニコチン入りのフレーバーは必要?

VAPEと聞くと、ニコチン入りのフレーバーでなければ、刺激が少なく、禁煙効果が薄いのではないかと考えている方も多いようです。
確かに、ニコチン入りのフレーバーは、まるで本物の煙のような刺激や、喉の奥にくる「重さ」や「ずっしりした感触」が味わえます。
ただし、ニコチンが入ったフレーバーは、日本国内での販売は禁止されています
ニコチンが入ったフレーバーを購入するためには、インターネットで「個人輸入代行」を利用して購入するのが一般的となっています。

ただし、個人的には、ニコチンの入っていないフレーバーでも、十分すぎる満足感を得る事ができると感じています。
禁煙や減煙にVAPEを使用してみたいという方は、まずはニコチンの入っていないリキッドをいくつか試してみて、どれほどの減煙に繋がるのかを試してみると良いかもしれません。

満足感を得られなかったり、物足りなさを感じる場合は、ニコチン入りのリキッドを試してみると良いでしょう。

rink_to_care

このページの先頭へ