アトマイザの汚れはどうする?VAPEを長持ちさせる

電子タバコ(VAPE)を長持ちさせたいなら、基本的な清掃は常にやっておくべきです。
と言っても、特に高度な事をする必要はありません。

まずは、電気的に接合されている部分の汚れをしっかり落として行くことから始めたら良いと思います。
リキッドが付着して汚れている部分は汚れを落とし、カートリッジが古くなってきたら交換する。
かなり基本的なことですが、それだけでも本体の持ちがだいぶ変わってきます。

アトマイザの洗浄で煙の量も変わる

また、アトマイザ部分の洗浄は特に重要です。


参考記事:アトマイザの洗浄方法 – VAPEの手入れ!

 

電子タバコは、リキッドを高温で熱する事で上記を作り出しています。
その為に一番重要な働きをしてくれるのが、アトマイザです。

アトマイザ

熱を発生させるという意味では、アトマイザ部分を放っておいたままにしてしまうと、リキッドの焦げつきや劣化が激しくなります。
こうなると、煙の量も少なくなったり、満足な煙の濃さや、リキッド本来の味を損ねてしまう可能性も充分にあります。

そして、最悪の場合は、アトマイザを壊してしまう事にも繋がります。

電子タバコ( VAPE)本体を長持ちさせて使いたいのなら、アトマイザ部分の汚れを洗浄する事は、とても重要なことだと言えます。

rink_to_care

このページの先頭へ