タール、ヤニが出ないタバコ..VAPEってなに?

タバコを吸っていて気になるのが、歯や歯茎を黄色く黒ずんだ色にする「ヤニ」の存在と、発がん性物質である、「タール」の存在です。

そこで、近年世界的に爆発的なブームとなっているのが、電子タバコ『VAPE』です。

電子タバコ_VAPE
VAPEとは、電子タバコの特定の種類の物を指しています。
個人的には、VAPEが世界的にここまでヒットした理由は3つあると思います。

  • 煙の量が本物のタバコに負けていないので、吸った感覚を味わえる。
  • ニコチン入りのリキッドも販売されており、禁煙に活用できる。
  • 共通のパーツやリキッドが無数に販売されており、自分に合った使い方ができる。

残念ながら、日本ではニコチン入りのリキッドを販売することは禁止されています。
薬事法では、依存症や副作用の危険がある、ニコチンを含んだ製品を販売する事を、禁止しているからです。

日本よりも、海外の方が電子タバコが流通しているのは、こうした理由もあるのかもしれません。

もし日本でニコチン入りのリキッドが販売されていたら、もっと電子タバコが流行していた事は、間違い無いでしょう。

VAPE本物のタバコと同じ吸い心地?

VAPEを吸った感覚は、本物のタバコを吸った感じに非常によく似ています。
喉を通る煙の感覚は、本物の煙が通る時のような、適度な刺激を感じることもできます。

また、ニコチン入りのリキッドは、海外のショップから直接買い付けたり、個人輸入代行を利用して購入する事ができます。
ニコチンが入っていないリキッドでも、充分に感覚を楽しむことができますが、ニコチン入りのリキッドは更に本物のタバコに近い感覚を楽しむ事ができます。

近年では、電子タバコのリキッドに含まれる成分に、健康を害するような成分が含まれているのではないかという指摘も上がっています。
この点は、リキッドの種類によっても様々ですが、電子タバコ製品はまだまだ発売されて新しい物ばかりです。
現時点では、タールやヤニの発生しない、新しいタバコとして注目を集めています。

rink_to_care

このページの先頭へ