最近の「電子タバコ」は、まるで本物のよう!

VAPE(ベイプ)と呼ばれる最近の電子タバコ製品は、違和感なく、まるで本物のタバコと見間違えるような瞬間があります。
それは、見た目や煙の量だけでなく、存在感においても同様です。
以下は、最近よく見かけるような、スタンダードな電子タバコ(VAPE)製品の形ですが、側から見ると本物のタバコとはだいぶ違うように見えます。。

ego-t

しかし、実際に煙を吸い込んで吐き出してみると、喉を通る感覚、煙の多さ、存在感(ファッション性)など、本物のタバコを遥かに凌ぐオーラがあります。

見た目や使用できるフレーバー(リキッド)も、VAPE製品は圧倒的です。
フレーバーとは、VAPEに入れて吸う液体の事ですが、基本的にはどのVAPE用リキッドも、共通して使用する事ができるので、その種類はほとんど無限大です。
フレーバーに関しては、間違いなく本物のタバコの数を遥かに上まっているでしょう。

参考記事:リキッドの種類はこんなに豊富!

また、最近は様々な形のVAPE製品が販売されています。
どれも、見た目のクオリティはかなり高く、遠くから見ると煙の多さも相まって、本物のタバコのと見分けがつかないほどです。

iPIPEⅡ

yajirusi

 

上記のIPIPE Ⅱは、ウッド調のパイプを模したものですが、はっきり言ってそのクオリティの高さは本物のタバコを凌ぐ物があります。。

eRoll_Joyetech_本体

eRoll_Joyetech_リアルタバコ

yajirusi 


また、上記のeRollは、電子タバコメーカーのスタンダードである、Joyetech社が開発した物ですが、このサイズにも関わらず、これまでの電子タバコには無い煙の量の多さと、見た目のクオリティの高さに驚きます。。

ここに紹介したのはごく一部ですが、最近の電子タバコのクオリティがとても高くなっている事や、本物の電子タバコを凌ぐ勢いであるという事は、なんとなく理解していただけたのではないかと思います。

とは言え、電子タバコの業界はまだまだ発展途上であり、健康被害に対する疑問や、日本ではインターネットでなければ良い製品が手に入らなかったりと、様々な問題も山積されています。

今後は、ますます電子タバコ業界の健全化と、より魅力的な製品がどんどん発売されていく事に期待が高まります。。

rink_to_care

このページの先頭へ