喉越しの良い電子タバコで、リアタバは卒業!

電子タバコを禁煙に使用されるのなら、やはり煙の量や濃さは重要な問題です。煙が喉を通る感覚は、直接「喉越し」に影響します。
「ビールでもないのに喉越し?」と思うかもしれませんが、タバコを吸っていた方なら想像がつきやすい思います。喉を通る時に、煙がスーッと喉を刺激しながら通り抜けていく、あの感じです。

私の場合、吸い込む時だけでなく、煙を吐き出す時の感覚も重要視しています。煙を吐き出す時に、喉を通り抜けていく煙の感触によって、喫煙に近い満足感を得られます。

安全な電子タバコ

最近の電子タバコを吸ったことがない方にとっては、このような話をしても信じにくいかもしれません。
しかし、「ベイプ」とよばれている電子タバコが作り出す煙(正確には蒸気)は、本物のタバコを吸っている時に近い満足感を得ることができます。

以下は、実際に私が電子タバコを吸っている時の写真です。この時は小さめの電子タバコを吸っていますが、もっと大きめのサイズの電子タバコなら、実際にはもっと煙が出ます。

濃い煙

脱ニコチン!電子タバコで無理せず禁煙できる

 

電子タバコの喉越しを決めるのは?

最近の電子タバコ(ベイプ)は、ほとんどの製品が上記のように、まるで本物のタバコのように濃い煙を作り出してくれます。さらに、ちょっとしたことにこだわるだけでも、電子タバコの煙や喉越しは、もっと良いものになります。

以下にその一部を抜粋してみました。

  • リキッドはなるべく良いものを選ぶ。種類の違うリキッドをいくつか試してみる。
  • バッテリーや電圧は、なるべく高いものを選ぶ。
  • アトマイザーは定期的に洗浄して、メンテナンスする。
  • バッテリーやアトマイザーは消耗品なので、明らかに性能が落ち始めたら交換する。

上記のような事を心がけるだけでも、電子タバコの喉越しをさらに良い状態に保てるようにできます。
また、電子タバコ(ベイプ)は、最近は需要に供給が追いつき、日本国内でも安くて良い物が手軽に手に入るようになりました。

「電子タバコ初心者」が買うなら!おすすめはこれ

無理に高いものを購入する必要はありませんが、後々まで必要なパーツが手軽に購入できるショップを選ぶことをおすすめします。

 

rink_to_care

このページの先頭へ