妊娠中の電子タバコは体に害?安全性に配慮するために

妊娠中にタバコを吸うのは良くないとよく言われます。
そもそも、タバコに含まれているニコチンには、体には有害な物質です。体内の酸素を減少させてしまい、一酸化炭素を増やすためです。
こうなると、当然本来は胎児に送られるべき栄養素などが送られなくなってしまうので、赤ちゃんには良くありません。

実際に、喫煙者の母体からは低体重の赤ちゃんが生まれたり、早産のリスクが高まるとも言われています。

電子タバコランキング

ニコチンなしの電子タバコは?

上記に書いたように、タバコに含まれるニコチンには、赤ちゃんに良くない影響を与える事が分かっています。酸素や栄養素の供給が滞るという点で考えれば、タバコに含まれる「タール」も良くないのは当然の事です。
では、最近よく目にする、ニコチンの含まれていない電子タバコのリキッドはどうでしょうか?

妊娠中に本物のタバコを吸うくらいなら、ニコチンの入っていない電子タバコのリキッドを選んで吸うほうが、よっぽど健全ではないかと考える人も居るでしょう。

本物のタバコよりも安全?

確かに、タバコの性質を考えれば、本物のタバコを吸うよりもニコチンの入っていないリキッドを吸うほうがよほど健康面でのリスクは少ないですし、母体に与える影響も少ないと思われます。

ただし、これはあくまでも現時点での「表面的な見解」です。電子タバコは、いまだにリキッドに含まれている成分に不明な点があったり、身体に与える健康被害がどれくらいの物なのか、はっきりと分かっていないという一面があります。

本当に健康を第一に考えたいのなら、電子タバコではなく、禁煙パイポのような、完全に無害と分かっている禁煙具で我慢するのも一つの方法です。
もちろん、最近の電子タバコ(ベイプ)に比べれば、煙の量や吸い心地では全く満足できないという事もあるかもしれません。

安全性に配慮して電子タバコを選ぶなら

吸い心地やタバコを吸った感じをどうしても得たいというのなら、個人的には電子タバコはおすすめです。

なるべく安全性に配慮するなら、明らかに安っぽくて怪しいリキッドなどは絶対に選ばないようにしましょう。また、日本のメーカーが日本で製造しているリキッドなら、ニコチンが混入しているなどという事は絶対にありませんので、少しは安心できます。

日本製のリキッドは売っている?おすすめ人気ブランドは

あとは、吸う方本人の意思が重要です。

最近の電子タバコは、確かに禁煙にはもってこいの製品です。しかし、それまで毎日欠かさずタバコを吸っていたのに、いきなりニコチンをゼロの状態にしてしまうと、離脱症状から倦怠感や頭痛などが引き起こされる事があります。

妊娠中に、こうした母体にストレスを与える症状を伴う事は、あまりお勧めはできません。最近では、病院にもタバコをやめる為の禁煙外来があります。
心配な方は、母体と赤ちゃんに負担をかけない禁煙方法を相談してみては如何でしょうか。

rink_to_care

このページの先頭へ