リキッド式の電子タバコが人気 – これが新しいタバコの形?!

リキッド式の電子タバコ、と聞いて、どんな電子タバコをイメージしますか?
そもそも、電子タバコと聞くと、割と年齢が高めの方が、禁煙グッズとして使っているイメージが強かったですよね。

でも、最近は「禁煙の為」というより、「オシャレのため」に電子タバコを吸っている人が多いくらいです。それくらい、最近の電子タバコっておしゃれです。
例えば、「リキッド式」とは少し違いますが、JTが最近販売を開始した電子タバコ「Ploom」なども、見た目はかなりオシャレ度が高いです。

ploom(プルーム)

Ploom(プルーム)を使ってみた感想

Ploomの場合、タバコの葉を凝縮したようなカートリッジをつけ替えながら使いますが、リキッド式の電子タバコの場合、カートリッジではなく、リキッドと呼ばれる液体を使います。
本体のタンク(カートリッジ)部分に、「リキッド」と呼ばれる液体を入れ、本体のアトマイザーと呼ばれる部分が、リキッドを水蒸気に気化してくれます。文章で書くとやや複雑ですね。

リキッド

↑リキッドをタンクに注入しているところです。

いろいろと説明するよりも、リキッド式電子タバコが、一体どんなものなのか、動画で観ていただいた方が分かりやすいかもしれません。

動画に出ていたような電子タバコが、最近若い方たちの間でも人気を集めている「リキッド式電子タバコ」と言われている電子タバコです。
一般的にはVAPE(ベイプ)とか、VAPORIZER(ヴェポライザー)と呼ばれています。

アトマイザ

写真の真ん中がタンク部分です。ここに液状のリキッドを注入します。

写真の製品は、タンクとアトマイザー部分が一緒になっています。右の銀色の筒が、バッテリー部分です。バッテリーは充電すれば何度も使えますが、消耗品なので、いずれはダメになってしまいます。
タンク部分も、リキッドを何度か入れ替えると、他の味が混ざってしまいますよね。だからずっと使える訳ではなく、やはり何度が取り替える事になります。

タバコの煙の変わりに水蒸気を吸うわけなので、タバコよりは身体に良さそうと思いますよね。しかし、どのリキッドがそうなのかまでははっきり分かっていませんが、リキッドによっては身体に害があるかもしれないと言われています。
リキッドはなるべく安全性が高そうな物を購入するようにしましょう。

私の場合、タバコをやめて電子タバコに替えて大正解でした。身体が軽いし、朝のだるさも軽減しています。
ちなみに、リキッドにはフルーツの味や、ミント・メンソール系の味、カクテルの味や、タバコの味に似せた物まで、様々なフレーバーの物が用意されています。

電子タバコ_リキッド

私はタバコの味に似せた物を好んで吸っています。というのも、甘過ぎる味の物がどうにも好きになれないからです。色んな味の物が試せるというだけでも、リキッド式の電子タバコを吸ってみたいと思いますよね。

おしゃれに使えるファッションアイテム

色んなフレーバーを楽しむことも、もちろんリキッド式の電子タバコの楽しみですが、オシャレアイテムとしてもかなり重宝できます。
さすがに大きめのサイズの物は煙の量も多く、町中で吸っているとちょっと目立ちます。ただ、最近のリキッド式電子タバコの種類の豊富さには驚きます。

スーツに似合いそうな小型のサイズの物から、やたらと大きな物まで、様々な種類や色も、様々な物があります。小型の物なら、タバコとそんなに大きさも変わらない物もあります。

人気の製品は、タンク部分やバッテリー部分、それぞれのパーツを変えられるタイプです。
よく見かけるのが、Kamry X6です。

KamryX6
この形、結構見かけるという方も多いと思います。
自分に合った色のパーツ、凝ったパーツに変える事で、個性も出せます。
リキッドからバッテリー、タンクまで、好きな物を選んだり、交換する事で長く使えるという点も、これまでの電子タバコには無い楽しみのひとつです。

rink_to_care

このページの先頭へ