VAPEで濃い煙を出すために気をつけること

電子タバコで「うまい!」と思う為には、濃い煙が必要です。
濃い煙というのは、煙の量が多いという事にも似ていますが、少し違うように思います。

薄くてサラっとした煙ではなく、白の色が濃くて、口の中や喉に、フレーバーがしっかり染み渡るような、凝縮された煙..が濃い煙だと思います。
イメージとしては以下のような感じの煙ですが、ここまで濃くなくても大丈夫です。。

濃い煙と薄い煙では、満足感が全く違います。
先ほども書いた通り、濃い煙の方がリキッドの風味を深く味わう事が出来る分、満足感も高いです。
逆に、薄い煙はただの空気を吸っているようで、喉に刺激感を得られません。

これは、本物のタバコを吸っていた方なら良く分かると思います。
本物のタバコの場合、タールやニコチンの濃度が高い物の方が、喉や口の中での「刺激、重さ、ずっしり感」が強いですが、濃度の低い物ほど、こうした刺激が感じられない分、満足感は得られにくいと思います。

電子タバコの場合も、これに似た感じがあると思います。

電子タバコ

では、どのようにすれば、電子タバコで濃い煙を得られるのでしょうか。
私が電子タバコを吸っていて感じたことを、簡単にまとめてみました。

  • なるべく電圧が高く、濃い煙を発生させる製品(MODなど) を選ぶ。
  • リキッドの質や種類によって、煙の濃さが変わる。なるべく良いリキッドを選ぶ。
  • 煙を吸い込む時(VAPEを吸引する時)はゆっくり吸い込むようにする。

上記の中でも、当然ながら選ぶ製品はとても重要です。
なるべく濃い煙を発生させられる電子タバコ製品を選ぶようにしましょう。

参考記事:高電圧で爆煙なMOD – Kamry K100

MODというのは、電子タバコの中でも煙の量やバッテリーの大きさを最大化した製品を指しています。
見た目はゴツゴツとしてメカメカしい感じですが、発生する煙の量は非常に濃く、量が多いのも特徴です。

また、電子タバコの特徴として、ゆっくり吸引したほうが煙の量は濃く、多くなるという機能的な性質があります。
これは、リキッドを加熱して気化しているアトマイザー部分に、なるべく長い間リキッドを留まらせておいた方が、煙の量は濃くなるためです。
カートリッジ交換

最後に、選ぶリキッドによって、煙の濃さには違いが出るという点は注意しておきたいポイントです。
リキッドは風味だけでなく、煙の質も変えてしまいます。

リキッド_ブレンド

同じフレーバーでも、メーカーやベースとなるリキッドによって、粘土や煙の量、質も大きく変わりますので、気に入ったフレーバーでも、いくつかの異なるメーカーの物を試してみるのも良いと思います。

rink_to_care

このページの先頭へ