禁煙で「手持ち無沙汰」という方には、電子タバコを

タバコをやめると、どうも手持ち無沙汰が気になる。そういう方にこそ、電子タバコをおすすめしたいものです。
禁煙を始めると、寂しく感じてしまう理由のひとつが「手持ち無沙汰」です。

なんだかんだ言っても、あの「タバコを手に持って煙を吐く」という動作に依存してしまっている方は多いでしょう。
習慣とは不思議なもので、長い間その動作を続けていると、それをしないことが不自然に感じてしまいます。これは、禁煙にとっても余計ですよね。

手持ち無沙汰な「手」には、電子タバコを

タバコの代わりに鉛筆を持っていても意味がありません。最近は電子タバコ( VAPE)という強力な味方があります。
電子タバコは、しっかりと煙を吸って吐くこともできます。禁煙を本気で志す方にとっては、強力な禁煙道具です。

私の場合、タバコを禁煙したことによって、喫煙時間という貴重な時間がなくなったことを、寂しく感じたものです。
別に仕事中にさぼりたいというわけではなく、ちょっと外に出て、普段は話せない喫煙仲間と情報交換ができる。喫煙というのは、そんな貴重な時間でもあるわけです。

電子タバコがあると、そんな喫煙時間を完全に取り払う必要がなくなります。ちょっと外に出て電子タバコを吸う時間があっても、悪くはありません。
電子タバコとは言っても、煙の量は本物のタバコと相違ない(それ以上出るのが一般的)ですから、喫煙室や、例え外に出たとして、喫煙コーナーで吸うのがマナーです。
そういう意味でも、電子タバコは本物のタバコと同様の役割が果たせるわけです。

これまでの電子タバコのように、なんだか頼りない物をイメージしているという方は、一度はVAPE(ベイプ)を使ってみてください。
ここ数年で、電子タバコの種類も急増しています。煙の量にしても、リキッドのバリエーションにしても、電子タバコのイメージを根底から覆すようなクオリティです。

写真は、私の愛用品をいくつか並べてみました。

リキッド式電子タバコ

電子タバコのおすすめメーカーは?

rink_to_care

このページの先頭へ