禁煙中に吸いたくなったら「電子タバコ」の理由

禁煙中に、どうしてもタバコが吸いたくなった時。あなたはどのようにして、その吸いたい気持ちを抑えていますか?私がおすすめするのは、禁煙中にどうしてもタバコが吸いたくなった時に、電子タバコで一服する方法です。

最近の電子タバコは、リキッドと呼ばれる専用の液体を加熱し、その気化された蒸気を吸い込む「VAPE(ベイプ)」と呼ばれるタイプの電子タバコが主流です。以下は、私が使用している電子タバコ( VAPE)の写真です。

電子タバコVAPEの写真

見た目は、タバコよりもひと回り、ふた回りほど大きなサイズです。しかし、この電子タバコが作り出す蒸気の量は非常に多く、まるで本物のタバコのように濃厚です。

禁煙中に吸いたくなった時は..

私自身、禁煙に成功し、今はタバコを吸ってはいません。禁煙中にどうしても吸いたいと感じた時は、すぐに手元にある電子タバコを口に咥えます。
電子タバコの煙は、喉を通る瞬間や吐き出した時の感覚が、本物のタバコに非常に近く、満足度はかなり高いです。

禁煙中の「吸いたい」という強い感情は、もしかするとニコチンが切れたせいではなく、単純に習慣によるものなのかもしれません。
そうした場合は、タバコではなく、ニコチンの入っていない電子タバコでも十分に対処できるはずです。

どういうことかというと、たとえば食事の後など、いつもタバコを吸っている場面になると、無性にタバコを吸いたいと感じることがあります。
これは、ニコチンのせいで吸いたくなっているわけではありません。ただ、いつもタバコを吸っている時間になったから、自動的に「タバコが吸いたい」と感じてしまうです。これは、あくまで習慣の問題です。

そんな時は、電子タバコで思いっきり煙(蒸気)を吸い込み、吐き出すことで、満足感を得られる可能性は高いはずです。

禁煙にニコチンは必要?

電子タバコを使用したことのない人からの質問に、ニコチン入りのリキッドでなければ禁煙できないのではないかという質問がよくあります。
これは、人によります。かなり重度のヘビースモーカーの場合、ニコチン入りのリキッドでなければ満足できないという人もいるでしょう。

私の場合、特にニコチン入りのリキッドではなくても、刺激の強いメンソールリキッドで、十分い満足感を得ることができました。どちらかと言うと、「吸っている感覚」が欲しくて、電子タバコに頼っていたというのがあります。

個人的には、最初は完全にタバコをやめるのではなく、電子タバコで我慢できるなら電子タバコを吸う。どうしてもタバコが吸いたい時は、あまり無理をせずに、タバコを吸う。そして、徐々に本数を減らしていくというのが、バランスがとれた禁煙方法だと思います。

徐々に電子タバコを吸っている時間が増えてきたら、禁煙もそんなに難しくはないと思います。

rink_to_care

このページの先頭へ