最も簡単な禁煙方法は「最新電子タバコ」?!

これまでも、このブログの中では私が実際に成功した禁煙方法をご紹介してきました。改めて、私の禁煙方法がいかに簡単で効果的なのかをご説明したいと思います。

電子タバコとリキッド

最も簡単な禁煙は、最新電子タバコ?

私の言う最新電子タバコとは、JTのPloomフィリップ・モリスのiQOSの事ではありません。VAPE(ベイプ)と呼ばれる電子タバコです。

ベイプを使った禁煙に挑戦してみて、特に私が「メリット」に感じたことを幾つか挙げてみます。

  1. 本物のタバコのような「吸い心地」
  2. 火・煙を使わない禁煙方法
  3. 必要に応じてニコチンを摂取できる
  4. 離脱症状を起こしにくい
これ以外にも、おすすめできる理由はいくつかありますが、やはりこの4つの理由は大きいです。これまで、禁煙に挑戦をして失敗したという方なら、理解してもらえると思います。

リアルな吸い心地で、満足感を得られやすい

ここは私が一番強く感じた部分ですが、禁煙に挫折しそうになる瞬間というのは、波のように襲ってきます。私の場合、その波は特に食後や仕事の休憩中。それから、親しい友人と談笑している瞬間です。

習慣というのは怖いもので、「ここで一服」というシーンを、脳はしっかりと記憶しているようです。「いつもなら、ここでタバコを吸う時間」という時には、ものすごくタバコの煙を吸い込みたくなるものです。

そんな時に、ベイプは役に立ちます。禁煙を始めたばかりの頃は、本当にベイプが手元から離せませんでした。
とにかく、喉に大量の煙を通したい。肺いっぱいに吸い込んで吐き出したいと思った時は、ベイプの濃い煙をおもいっきり吸い込みます。

煙と言っても、ベイプのそれは、専用のリキッドから作り出される「蒸気」です。蒸気とは言っても、特殊なリキッドの煙は、まるで本物の煙のような吸い心地を実現しています。

濃い煙

この写真は、実際に私がベイプの煙を吐き出している写真です。写真では分かりにくいですが、もっと濃くて濃密な煙が出ると考えてください。
タバコが吸いたくなったら、ベイプで思いっきり煙を吸って吐く。これで、かなりの部分の衝動を抑えることができました。
これは、おそらく煙の量と密度が濃いために、高い満足感を得られるのだと思います。

この点は、これまでの電子タバコや、禁煙グッズとは明らかに異なります。

離脱症状を抑えるための方法

ご存知の方も多いでしょうが、ベイプは世界中の様々な専用リキッドを使えます。日本では、ニコチンが入ったリキッドは販売されていませんが、輸入代行という方法で、手軽に購入することもできます。

ニコチン入りのリキッドは、喉を通る時のニコチン特有の重い感じ、チクっとした心地よい痛みまでもが本物のタバコと同じです。タバコへの依存度が高い、ヘビースモーカーの方こそ、ニコチン入りのリキッドは特におすすめです。

IMG_0244

上記の写真は、LIBERTY FLIGHTSというイギリス製のリキッドです。葉巻のように濃厚で奥深い味わいが特徴的です。

ニコレットや、ニコチンパッチを使用するくらいなら、ベイプでニコチンを摂取する方がおすすめです。タバコを吸う動作と相まって、非常に喫煙する感覚と近いからです。
その分、離脱症状を起こす可能性も低くなり、徐々にタバコをやめる「禁煙効果」を得られやすいと感じます。
もちろん、本物のタバコのように火を使うこともありません。灰で部屋が汚れる心配もありませんから、尚更おすすめです。

あなたがもし、本気で禁煙をしたいと本気で考えているのなら、一度は「最新の電子タバコ」の力を借りてみることをおすすめします。

私はこうやって禁煙した!

frienbr-1

では、実際に私が行った禁煙方法を細かくご説明いたしましょう。

ベイプを使った禁煙方法

ニコチンリキッドと本物のタバコを併用

少しずつ、本物のタバコを減らす

ニコチンリキッドだけにする

ニコチンリキッドとニコチンの入っていないリキッドを併用

ニコチンリキッドを減らす

ニコチンの入っていないリキッドだけにする

この方法の最大のメリットは苦痛を伴わない事です。私はたくさんの禁煙方法に取り組んだ事があります。禁煙外来、ニコチンガム、禁煙セミナー、気合い、、、高いものだと数万円かけた事もあります。しかし、そのどれもが苦痛を伴いました。

禁煙中というのは、タバコをひたすら我慢するため、ストレスが溜まります。禁煙外来では、貼り薬や飲み薬で吸いたい気持ちを緩和しようとしてくれます。でも、結局は我慢が必要なのです。

しかし、ベイプで禁煙する場合、我慢なんて不要です。ですから、苦痛は微塵も感じませんでした。もちろん、個人差はあるでしょう。

でも、間違いなく1番「簡単」な禁煙方法だと断言出来ます。

ベイプはどれでも良いの?

ベイプには多くのメーカーがあり、様々な商品が存在します。誰だって、最初はどれを買って良いのやらさっぱりわかりませんよね。私も初めて購入した際は、よくわからないままに、買ってしまい後悔しました。

ベイプ選びの際は、デザイン、価格以外にもドリップチップ(吸い口)の形状にも着目するべきだと思います。

driptip

このドリップチップの形状が、口に合わないと長く吸い続けられず、本物のタバコが吸いたくなってしまいます。付け替える事が可能な商品なら、付け替えるのも1つの手です。

以下は私のオススメのベイプをまとめた記事です。あなたのベイプ選びにきっと役立つと思います。是非、参考にしてみて下さい。

rink_to_care

このページの先頭へ