電子タバコは危険なもの?危険性のない使い方とは

昨今急速に広がりつつある、電子タバコの産業。
日本では海外の普及率と比較すれば、普及度合いはまだまだですが、それでも最近はリキッド式の電子タバコを中心に、購入者が急拡大しています。

電子タバコは危険なもの?

私は、約1年ほど電子タバコを愛用しています。
最近のお気に入りはJoyetech社の、eComという電子タバコです。マットな黒色の質感と、滑らかな煙を作り出すアトマイザーは、さすが世界企業だなと感心します。

Joyetech_ecom
→ Joyetech eComスターターキット

最近では、電子タバコは健康に害を及ぼす、危険なものだというニュースをよく見かけます。こうした情報の根本には、電子タバコに使用するリキッドに対する信頼問題があります。
正しい知識を持ち、安全性の高い製品やリキッドを選択していれば、健康被害はほとんど防げるもののはずです。

危険性の高いリキッドとは

日本で販売されている電子タバコのリキッドには、ニコチンは含まれていないはずです。ニコチンが入っていれば、たとえ電子タバコと言えども、依存性の危険、健康被害の危険性は避けられません。
あくまで危険性のないリキッドを求めるのなら、ニコチンが入っていないリキッドを使用するべきです。

本来、日本ではニコチン入りのリキッドを販売することは法律で禁止されています。ですから、店頭で購入するリキッドには、すべてニコチンが含まれていないはずです。
中には、どうしてもニコチンが含まれているリキッドが欲しいという方は、インターネットを利用して、海外からニコチン入りのリキッドを購入されます。

安価な海外製リキッド

ニコチンが入っていないリキッドなら、健康には問題がないはず。そう思いたいのですが、現実はそうではありません。

以前、一部の海外製のリキッドから、ホルムアルデヒドなど、健康に害を与える成分が検出されたというニュースが報道されました。

電子タバコ_危険性

この頃から、インターネット上では、「電子タバコは危険なもの」と言った様々な噂が錯綜するようになり、購入者の不安を煽るようになります。

しかし、よくよく調べてみると、これはごく一部の海外製の安価なリキッドが引き起こした問題です。

一時期、日本国内でも電子タバコの人気が高まり、実体の分からない業者が格安でリキッドを販売するようになりました。この時期に、ニコチンが入っていないはずのリキッドから、微量のニコチンが検出されるなど、品質を疑わざるを得ない様々な問題が噴出します。

危険性のない製品を選ぶ

このような問題は、もともと一定の高い基準の品質を保つ、有名メーカーのリキッドでは、起こりようがありません。しっかりしたメーカーでは、リキッドに健康を害する成分が含まれていないか、販売前に食品衛生検査成分分析まで行われています。

インターネットで商品を買う際は、電子タバコやリキッドに限らず、信頼できる販売者から、信頼できる商品を購入するということが、とても重要です。
こうした下調べを心がけている人なら、電子タバコが危険なものではないということを、しっかり知っているはずです。

最近では、安全性に細心の注意を払った、日本製のメーカーからも様々なリキッドが販売されています。

日本製のリキッドは売っている?おすすめ人気ブランドは

海外のリキッドの風味には、日本にはない珍しいものがたくさんあるのですが、安全面を重視したいのなら、日本製のリキッドはおすすめです。

 

rink_to_care

このページの先頭へ