電子タバコによる健康被害 – 報告が増加中?!

ここ数年、電子タバコ「VAPE」は人気が急激に高まってきています。
背景には禁煙ブームがあり、タバコに代わるアイテムとして一気に注目が集まったのです。
日本ではそれほど電子タバコの爆発的な流行はありませんが、欧米ではすでに一大市場を築いているほどの人気があります。

しかし、電子タバコ「VAPE」の人気が沸騰している裏側では、電子タバコ「VAPE」による健康被害も深刻になってきています。電子タバコは本体内部にある電熱線の熱によって、カートリッジ内のリキッドが蒸発し、様々な味を楽しむことができるアイテムです。

しかし、そのリキッドは発がん性が指摘されており、しかもリキッドやカートリッジの多くにニコチンが含まれているという実態もあります。
これまで報告されている電子タバコ「VAPE」による健康被害は、咳や頭痛、のどの痛み、めまいやアレルギー反応。また、心血管障害や呼吸器の疾患など、電子タバコが原因と思われる健康被害の症例が、数多く報告されています。

また、電子タバコの本体は充電式となっていますが、加熱によるやけどの報告もあったそうです。
さらに、電子タバコ「VAPE」の吸い過ぎで肺炎になるという症例も多く、その安全性に疑問が投げかけられています。
タバコに比べて害の少ないと思われていた電子タバコ「VAPE」ですが、その実態はタバコとほとんど変わらないくらいの危険性を孕んでいることになります。
日本ではまだそれほどの認知度はありませんが、電子タバコ(VAPE)の売り上げも年々増加傾向にあるため、近い将来VAPEが社会問題化することも十分に考えられます。

rink_to_care

このページの先頭へ