電子タバコ「VAPE」の安全性が揺らいでいる?!

禁煙・嫌煙ブームは日本国内だけに限ったことではありません。
世界的に喫煙者に対する風当たりが強くなってきています。

そうした中、タバコに代わるアイテムとして広がりを見せているのが電子タバコ「VAPE」です。電子タバコは、専用のリキッドをカートリッジ内に入れ、本体の電熱で気化して吸い込むというもので、特に欧米を中心に人気が高まっています。

しかし、電子タバコに用いられる「リキッド」の中には、ニコチンが含まれているものも多く、健康被害の恐れがあるという実態も浮かび上がってきています。
さらに、ニコチンは含まれていなくても、リキッドそのものに発がん性があるという指摘もあり、WHOによって未成年者への販売等を禁止するよう、呼びかけられています。

電子タバコ「VAPE」は、火を使わずに安全なことや、タバコに比べて健康面でも安心という認識がありました。
しかし、海外製のVAPEリキッドのほとんどにニコチンが含まれていたりするなど、発売当初に謳われていたような安全性が今では完全に揺らいでしまっています。
そのため、各国では電子タバコ「VAPE」を、公共機関では使用しないようにするなど、様々な対策に乗り出しています。

特にそのファッション性や手軽さゆえに、女性や未成年者にも人気があり、妊婦に対する健康被害の恐れもあるため、WHOとしても異例の勧告を行ったというわけです。
日本においては、電子タバコ(VAPE)の普及率はそれほど高くないので、健康被害に対する危機感はあまり感じられないかもしれません。

しかし一部の公共機関では、電子タバコの使用が禁止されているところも出てきています。

rink_to_care

このページの先頭へ